Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
宮外の芸術家「チャンウ」韓国伝統音楽 チャンウ アリラン入場券進呈!

宮外の芸術家「チャンウ」韓国伝統音楽 「チャンウ アリラン」入場券進呈!

2010年5月18日〜OPEN RUN 
●毎週金・土・日曜日11時から「北村チャンウ劇場」で開演
公演時間60分
チケットはR席30,000W S席20,000W

●ソウルツアー参加者の方、先着10名様にプレゼントいたします! 

●内容:韓国国学の若い演奏家達と伝統声楽の名手達がアりランをテーマに
様々な伝統音楽を繰り広げる舞台にご招待します。
昌徳宮(チャンドックン)外でアリランと伝統音楽を感じ、各地域のアリランを学んで歌って
体験してみては・・・



北村倡優劇場紹介
昌徳宮石垣と見合わせている伝統芸術の空間、北村倡優劇場は韓国的演劇の始めの
マダンググック, パンソリを舞台化した唱劇, 韓国伝統延喜祭りの開拓者と同時に先駆者
だった演劇演出家 故ホギュソンセング(1934-2000)が至恩小劇場だ. 1
993年開館したし一芸術家の創作魂と執念, 韓国伝統芸術に対する愛情と献身の努力が
込められている貴重な文化的空間として演劇, 唱劇, パンソリ, 伝統音楽など多様な公演の
ための伝統芸術の空間で位置づけして来た.
’北村’と言う(のは)朝鮮時代に景福宮と昌徳宮周辺町内を意味する名前で上流層の
士たちが居住して多くの芸術家たちと交流した風流文化の本拠だった.
‘倡優’は高麗時代以後芸術人を通り名した言葉として北村倡優劇場はこの時代の
倡優たちが伝統と現代の調和を通じて新しい伝統芸術科公演様式を作って行く北村地域の
唯一の伝統芸術専用小劇場だ.
 昌徳宮すぐ側に位した本劇場は多様な企画公演とともに北村と昌徳宮を尋ねる多くの人々に
伝統音楽常設公演を通じて韓国伝統芸術の躍動性と美しさを知らせている.



李氏朝鮮王朝の太宗が建てた、王宮庭園秘苑がうつくしい古宮「昌徳宮」。
※自由観覧になりました。
1997年にユネスコ世界文化遺産にも登録された宮殿。
1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、約270年に渡って
李氏朝鮮王朝の政務が行われた王の御所です。
建物や自然の維持管理が行き届いていて、特に豊かな自然をそのまま生かして
造った美しい庭園・秘苑は見ごたえ十分。日本語案内あり。

※詳しくは、Ontheday プレゼント係りまで

|カテゴリー:プレゼント情報