Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
絵画の旅「ルーヴル美術館のムリリョ」
ルーヴル美術館のムリリョ

Bartolome Esteban Murillo (1617-82)

スルバラン、ベラスケスがリアリズムの頂点を極めたあとに続く、
17世紀セビーリャの巨匠。ラファエロの甘美さ、ルーベンスの
豊穣さをあわせ持ち、スルバランを追い越す勢いで、民衆の
圧倒的人気を得た。


スペインの巨匠には、ベラスケスやゴヤ、ピカソなどたくさんの有名な画家が
いますが、私が好きなのはセビリヤで生まれ育ったムリリョを紹介します!
MURILLO,Bartolome Esteban 
彼の絵画を最初に見たのは、マドリッドのプラド美術館にあった「受胎告知」
です。 ルーヴル美術館にもイタリア絵画のギャルリーを過ぎたところに
スペイン 絵画のギャルリーがあって、そこにはいつかのムリリョの絵画が
展示され ています。
  
ムリリョは長い間、ヨーロッパの画家の巨匠として仲間に加えられ た唯一の
スペイン画家でした。彼は生存中から賞賛され、ついであらゆる 収集家の的と
なり、多くの画家たちから賛辞を受けました。
その名声は、ルーヴルでは、1869年に美術館のギャルリーのためにムリリョの
胸像を注文したくらいです。ルーヴルでの彼の多数の収蔵品からその重要性と
多様性を理解することができます。 厳しい節度がスペイン絵画の特徴であった
ような時代に、タッチに 比類のない甘味さをみせる彼の芸術は、同時代の画家
たちにとって、霊感源と なる完全な手本となりました。  
実際、ディエゴ・デ・ベラスケス(1599-1660)やフランシスコ・デ・スルバン
(1598-1664)のような画家が、故国や愛好家の枠を超えて評価されるのは、
19世紀末まで待たなければならないのですが 1660年代からムリリョの作品は
静かさと甘味さへと向かい、その時代から 彼の全作品の特徴となりました。 
マドリードでの短期間の滞在のさいに、 王室コレクションで研究することが
できた巨匠たちの作品が、彼の色づかいと タッチを変えていっそう豊かさを
もたらしました。 彼のすべての作品を通して見られる宗教感情は、それまでの
スペイン絵画が 表現してきたものとは非常に異なった形で現れてきます。
  
彼が生まれたのは スペインのセビリヤの町で、そのために彼の生涯のほとんど
の仕事はセビリヤで 行われたと言ってもよいでしょう。
ルーヴル美術館にある「聖母の誕生」(上の写真)は、セビリヤ大聖堂の聖
パウロ礼拝堂のために1660年に描かれましたが、マリアのエピソードである
と同時に家族の 親密な場面でもあります。明暗表現は透明感のあるタッチで
和らげられ、産湯につけられた幼子の周りの活気が、人間的な暖かみを
添えています。 1665年にサンタ・マリア・ラ・ブランカ聖堂のために
描かれた「6人の人物が いる無原罪のお宿りの出現」は、当時建設された
この新しい聖堂を飾るために注文されました。
  
ルーヴルの収蔵品は、1855年にナポレオン3世によって 寄贈された
無原罪のお宿りをテーマにした小さなエスキースがあります。
「聖家族」、通称「セビリヤの聖母」は、一般に1665〜70年に描かれたと
考えられていますが、ムリリョの作品で非常に高く評価された瑞々しい甘味さを
完全に表現しています。 
ルーヴルの彼の全絵画作品のなかで、最も流麗で 優雅な作品であり、
磔刑を予告する細い十字架を差し出す 洗礼者ヨハネがこの地上の幸福を
弱めているにしても、その幸福感は最も満ち 足りたものとなっています。
※ルーブル美術館資料、及びセ―ヴィル工場19世紀のステンドグラスから抜粋。

|カテゴリー:TOMMY’S WORLD-トミーズワールド-