Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
アメリカ屈指のリゾート地マイアミのおすすめ観光

アメリカ屈指のリゾート地マイアミのおすすめ観光

世界レベルの避寒地として有名なマイアミ。世界中のセレブやお金持ちの

集まる超高級リゾートというイメージと同時に歴史的背景からラテンテイストの

強い都市で、人口の半分以上がヒスパニック系です。

この相反する大きな特徴がマイアミの魅力でありおすすめ観光スポットを

沢山生み出しています。日本から東海岸は遠いですが、マイアミまでは

直行便が出ています。

1. マイアミビーチ

待を外さない美しさの、マイアミビーチ

世界中から大勢の観光客がバカンスに訪れる、マイアミビーチ

温かく透明な大西洋の海が広がるマイアミビーチの海岸では、

スイミング、サーフィン、ジェットスキーを楽しむことができます。

真っ白な砂浜で昼寝や日光浴を楽しんだり、行き交うきれいな

人たちを眺めてのんびり過ごす生活はいかがですか?

世界的に有名なマイアミビーチは、マイアミの東沖合を埋め立てて

造ったビーチということはあまり知られていません。1915年にホテルや

住宅地が建てられ完成して以来、現在までアメリカ有数の避寒地

として、アメリカのみならず、世界中から観光客が集まるように

なりました。ビーチの長さは南北に16kmあって、セレブが集まる

のはサウスビーチと呼ばれている、南側のビーチです。

大西洋に面していますが、海の青さ、ビーチの美しさは

間違いなく世界レベルだと思います。ベストシーズンは

湿気の少ない、11〜3月。

 

2. アールデコ歴史地区

アールデコ歴史地区は、マイアミ屈指の観光スポット

古いアメリカ映画で見たアールデコ調のホテルやショップ、スーパー

マーケット、チョット奇抜なデザインやカラフルな色のホテルは

現代のホテルに無い雰囲気。 築100年近い貴重なアールデコ様式の

建物立ち並ぶ、サウスビーチのアールデコ地区は、マイアミの

定番観光スポットとして、地元の若者たちや多くの観光客が訪れます。

アクセス: マイアミビーチ南端。Dade Blvdと6thストリートの間

3. オーシャンドライブ

夜は多くの若者で賑わう、オーシャンドライブ

まさにドラマ、「マイアミ・ヴァイス」の世界 オーシャン

ドライブはマイアミのナイト・ライフの中心。夜になると

アル・デコの建物にはネオンライトが灯されて昼間とはまた違った

ロマンチックな雰囲気になります。

昼はリゾートらしいビーチ沿いの並木道ですが、夜は周辺の

レストランがクラブ化し、歌えや騒げやの大賑わいとなります。

アールデコ歴史地区のメインストリート、オーシャンドライブは、

かつての米人気ドラマ「マイアミ・ヴァイス」のファンにはたまらない

観光スポットです。「マイアミ・ヴァイス」のセットそのままの

カフェ、レストラン、ホテルが並び、通りを歩いているだけで

ドラマの登場人物になった気分になれること間違いなし。

おすすめのカフェは、派手なショーが楽しい大人気のマンゴー

ズトロピカルカフェです。

4. ココナッツグローブ

ココウォークは、ユニークなお店がいっぱいあります

ビスケーン湾沿いの、芸術家や富豪、一流ブティックが集まる高級住宅街。

高級ブティックやお洒落なレストラン、ショッピングセンターなどがあり、

洗練された雰囲気が漂う。 ココナッツグローブはマイアミビーチ地区では

なく、マイアミ地区に位置します。この地区は緑溢れる高級住宅街で、

ハイソなエリアとして知られています。ココウォークというお洒落な造りの

オープンモールが人気で、カジュアルブランド店の他に、白い衣類の専門店で

あるホワイトハウスや、コカコーラのグッズを集めた店など興味深い店が並び、

ショッピングにおすすめ。

メトロレイル ココナッツグローブ(COCONUT GROVE)駅下車。

5. リトルハバナ

リトルハバナの街並み

キューバンサンドウィッチは、是非ご賞味ください

露店には、キューバ国旗がデザインされたお土産が並ぶ

1959年のキューバ革命以来、大勢のキューバ人がマイアミに移って来て

コミュニティを造った地域がリトルハバナ(別名:ラテンクオーター)

で、観光スポットになっています。この地域ではスペイン語が飛び交い、

英語が話せない人が多いです。街中にはスペイン語の看板も目立ちます。

異国情緒が漂う地区ともいえますし、非常にマイアミらしい場所とも

いえます。キューバ料理やラテンアメリカ料理を低予算で食べられる地

域なので、日数に余裕があればマイアミ滞在中、地図を持参して

訪れてみることをおすすめしますが、治安はあまりよくないので

夜間は行かない方がよいでしょう。

アクセス: マイアミ繁華街から歩いてすぐ

 

6. マーリンズパーク

2012年オープンの、マーリンズパーク

マーリンズ・パークの収容観客数は37,000人、屋根は開閉式で雨の

多いマイアミでも天候に影響されることなくゲームを行うことが

できます。また夏季の蒸し暑いシーズン中は屋根を閉めた状態で

冷房のきいたスタジアム内で快適に試合観戦することもできます。

イチロー選手が在籍するマイアミ・マーリンズの本拠地が、

マーリンズパークです。2012年にオープンしたばかりの未だ

新しい球場で、屋根が開閉式になっています。現地で本場の

公式試合を観るには、野球のシーズンに合わせて旅行する

必要がありますが、アメフトも好きな人はマイアミ・ドルフィンズの

本拠地(サンライフスタジアム)もありますので、9月か10月初旬に

行けば、大リーグ、アメフト両方観戦できる可能性があり

(滞在日数にもよりますが)、おすすめです。

7. エバーグレーズ国立公園

湿地帯のエバーグレーズ国立公園は、世界遺産に認定されています

公園内には、ハイキングトレイルもあります

公園内には、ワニも沢山います 世界遺産エバーグレーズ国立公園は、

幾重にも枝分かれした川がフロリダ半島南半分を覆う形でできた

広大な湿地帯。水深が30cm程度の浅瀬を草が覆っているため、

「草の海」と呼ばれます。どこまでも続く湿原の水面から

アリゲーターが目を覗かせたりしています。

エバーグレーズ国立公園は、世界遺産に指定されている米国内最大の

亜熱帯原生地帯で、ワニ、ピューマ、フラミンゴ、マナティなどの

野生動物が数多く生息しています。マイアミからも近いので、

自然を満喫できるおすすめ観光スポットです。シーズンは乾季の1

2〜4月で、湿気があまりないので快適な冒険ができます。

国立公園までは公共の交通機関が無いので、外国からの観光客は

ツアーを利用するのが一般的です。エアボートで湿地帯を

駆け抜けて、爽快気分を味わいましょう。

アクセス: マイアミから車で1時間

 

8. ビスカヤ博物館

国定歴史建造物に指定されている、ビスカヤ博物館

お庭のきれいなビスカヤ博物館

ヨーロッパからの輸入家具で装飾された、ビスカヤ博物館

ヨーロッパ風の庭園と建物で、とてもマイアミとは思えない雰囲気です。

結婚式や映画の撮影にも使われていますよね。 この素晴らしい大邸宅は

完成するまでに千人の職人が5年という長期間を費やし建てられました。

所有者の16世紀芸術への憧れは明らかで、土地全体がその雰囲気を

反映しています。 ココナツ グローブの北にあるビスカヤ博物館

および庭園は、国定歴史建造物に指定されている広大な豪邸で、

マイアミの名所として外すことのできない観光スポットです。

ジェームズ・ディーリングというシカゴの企業家が建てた、15世紀

ルネッサンス様式の建築で、ヨーロッパからの輸入家具で装飾され、

大変煌びやかで荘厳な雰囲気があります。庭園もラン園があったり

とても美しいので、是非訪れることをおすすめします。

Vizcaya Museum and Gardens
住所: 3251 S Miami Ave, Miami
電話: 305 250 9133

9. ウィンウッド芸術地区

ポップアートファンにはたまらない、ウィンウッドウォール

70以上のギャラリーや美術館が並ぶ世界最大級のアートエリア。

2009年に造られたウィンウッド・ウォールズは倉庫の壁を

大きなキャンバスにして描かれたストリートアートが鑑賞できる。

いつか間近で観てみたかったマイアミにあるObeyの壁画にとうとう

出逢う事ができました。すべてがダイナミックで伝える力の強い

彼の作品は、マイアミの空くらいスケールの下がちょうどいいです。

ウィンウッド芸術地区には、ギャラリーや美術館、お洒落なカフェ、

レストラン通りがあり、通りのあちこちがポップなストリートアートで

飾られた、とても楽しい観光スポットです。以前は治安の悪いただの

倉庫街でしたが、現在は倉庫の壁は大きなキャンヴァスに変貌を遂げ、

世界の才能あるアーティストのアートが描かれています。是非訪れて、

最先端のポップアートを鑑賞することをおすすめします。

アクセス: マイアミ・ダウンタウン隣のエリア

 

10. ジョーズストーンクラブ

老舗レストラン、ジョーズストーンクラブ 老舗だけに、店内はいつも

満員  爪が大きく食べ応えがある、ストーンクラブ     

ガイドブックにも載っている超有名店「ジョーズ・ストーンクラブ・

レストラン」で、フロリダ名物ストーンクラブを食べよう!せっかくの

マイアミ旅行、ちょっと豪華に本格老舗店の海鮮料理をご堪能ください。

マイアミへ10月中旬〜5月中旬に旅行する方におすすめのグルメが、

マイアミ名物ストーンクラブ。食べるのは爪の部分だけで、マスタード

ソースや溶かしバターにつけて、食べます。予算にゆとりがあれば、

老舗のジョーズ・ストーン・クラブが最も人気のあるレストランですので、

是非行ってみて下さい。

いつも満員ですが予約を受け付けない為、開店と同時に行くのがおすすめです。

Joe's Stone Crab
住所: 11 Washington Avenue Miami Beach
電話: 305 673 0365

11. ジャングルアイランド

ジャングルアイランドは、かつてパロットジャングルという鳥園でした

2003年にワトソン島に移転してから、可愛い動物を沢山飼育するように

なりました。

ジャングルアイランド名物の、フラミンゴ

最近になって移転オープンしたジャングル アイランドは、フロリダ州

南部で最も知られたアトラクションの1つです。

ここでは、2頭の子供オランウータン、ピーナッツとパンプキンに

あうこともできます。

ジャングルアイランドは、野生のジャングルを再現した迫力の

アトラクションとともに、世界中の希少な動物のリアルな生態を

観察することが出来る大人気のテーマパーク。                    

ダウンタウンから5kmのワトソン島にあるジャングルアイランドは、

子供たちに大人気のジャングルが生い茂る動物園です。

芸を披露するインコやオウムをはじめ、フラミンゴの群れ、

珍しいヒクイドリなどの鳥類が沢山います。また、オラウータンに

会うツアーや、ピューマやトラの赤ちゃんとの触れ合いなどの

プログラムが沢山あり、家族連れにはおすすめの観光スポットです。

12. ベイサイドマーケットプレイス

夜のベイサイドマーケットプレイスは、海辺だけあってロマンチック

とってもカジュアルな感じの、ショッピングセンター。

マイアミのシーサイドにある、そこまでは大きくないショッピング

モールですが、異国情緒があり、私が訪れたときは生バンドによる

ラテン系のライブも行われており非常にみどころがありました。

ベイサイドマーケットプレイスは、ビスケーン湾のヨットハーバー

沿いのお洒落なショッピングセンターです。レストランやカフェも

充実しており、買い物だけでなく食事目的に訪れのもよいでしょう。

ウォーターフロントの広場では、コンサートや、大道芸など様々な

催し物が行われており、とても良い雰囲気を演出しています。

ヨットハーバー沿いにあるため、クルーズツアーの発着点ともなって

いますので、時間と予算に合わせ船の上からマイアミ観光と洒落込んで

みてください。

Bayside Marketplace
住所: 401 Biscayne Blvd.,Miami
電話: 305 577 3344

13. ビルバグスケープフロリダ州立公園

ビルバグスケープフロリダ州立公園のサイン

キービスケインにある、ビルバグスケープフロリダ州立公園

1825年完成の、歴史的価値のある灯台

キービスケインにあるビルバグスケープフロリダステイトパークの

ビーチで、ビーチへの歩道を横切っていたあらいぐまの一家に

出会いました。動きがコミカルでなかなか可愛かったです。

ビル・バグス・ケープ・フロリダ州立公園は素晴らしい海岸と

ターコイズ色の海、そしてフロリダ州内で最も美しい夕日が

見られるスポットです。 ビルバグスケープフロリダ州立公園は、

高級住宅地で有名なキービスケインにあります。マイアミ周辺の

ビーチの中で最も美しいと評判で、多くの人が訪れる人気の

観光スポットです。名所となっている灯台は、1825年に完成された

南フロリダ最古の建造物です。マイアミビーチとはまた違った

雰囲気のビーチなので、日数にゆとりがあれば、是非訪れることを

おすすめします。

Bill Baggs Cape Florida State Park
住所: 1200 South Crandon Blvd, Key Biscayne
電話: 305 361 5811

14. コーラルゲーブルズ

ビング・クロスビー、アル・カポネなど様々な有名人が訪れた、

ビルトモアホテル

コーラルゲーブルズにある、公営のヴェネチアンプール

コーラルゲーブルズは、緑豊かな高級住宅地

マイアミ空港の南にあるコーラルゲーブルズ市はシティー・

ビューティフルの愛称で呼ばれるほど、街並みの綺麗なことで

有名な街。緑も多く、道路沿いではバニアン(ガジュマロ)と

呼ばれる木もたくさん見られます。 地中海リバイバル様式建築が

集中しているのが、ダウンタウンの南西方面、やや内陸のコーラル・

ゲーブルズ市 (City of Coral Gables)。不動産ディベロッパーの

ジョージ・メリック氏(George E. Merrick)が1920年代に開発した

住宅地が市の始まり。                              

コーラルゲーブルズは地中海をモチーフとした計画都市で、

緑豊かな街並みに、地中海リバイバル様式の建物が建ち並ぶ、

高級住宅地です。おすすめの観光スポットは、ショッピング・

ストリートのミラクルマイル、戦前はハリウッドスターが

多く宿泊した豪華絢爛なビルトモアホテル、公営の大変美しい

ヴェネチアンプールなどがあります。ハイソな雰囲気が

好きな人は、地図を片手に是非町歩きしてみて下さい。

アクセス: マイアミ、ダウンタウンから車で20分

15. リンカンロード

 

オーシャンドライブと並ぶ人気の、リンカンロード 夜はマイアミ

市民も遊びに来る、リンカンロード レストランや色んなお店が

集まっているストリート。半日ぐらいは楽しめそう。

平日の夕方、ハッピーアワーの時間帯。他に目的地があったので

徒歩で眺めながら通っただけだが、それでも楽しい。 15選のラスト、

サウスビーチにあるリンカンロードは、オーシャンドライブと

並ぶ定番観光スポットです。クラシックな雰囲気に溢れ、

50軒ほどのレストランがあり、観光客だけでなく、夜間には

マイアミ市民も食事や散策に来て、とても賑やかな雰囲気が

あります。カリブ風フレンチのノーマズ・オン・ザ・ビーチ、

シーフードのパシフィック・タイムなどがおすすめのレストランです。

アクセス: マイアミ、サウスビーチ徒歩圏内

マイアミのおすすめ観光スポット15選でした。マイアミは、西洋的で

洗練されたハイソな一面と、大衆的でローカルなラテンの一面が

同居しており、ヨーロッパ的な歴史も感じる、魅力ある観光地です。

海やビーチが美しいだけの、ありきたりのリゾート地では決

してありません。街を歩いているだけでサマになりますし、

家族向けのスポットも沢山ありますので、是非訪れてみて下さい。

 

|カテゴリー:Eurocentres福岡