Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
オレンジだけじゃないスペイン・バレンシア観光スポット!

オレンジだけじゃない!

スペイン・バレンシアおすすめ観光スポット

スペイン北東にあるバレンシアは、実はマドリード、バルセロナに次ぐ

スペイン第三の都市。バレンシアのおすすめ観光スポットをご紹介します。

バルセロナから電車もしくはバスで約4時間!

1. 大聖堂

もともとイスラム教のモスクがあった場所に14世紀に建てられた大聖堂。

その後も改築が進められ、ゴシック、バロック、新古典様式など

さまざまな建築様式が混在しているおもしろいポイントです。

併設のミゲレテの塔からは、バレンシア市内が一望できます。

【住所】Plaça de l'Almoina, s/n, 46003 València, Valencia
【営業時間】3月20日〜10月31日:月曜日〜土曜日 10:00〜18:30 

      日曜日・祝日 14:00〜18:3

 11月1日〜3月19日:月曜日〜土曜日 10:00〜17:30 日曜日・祝日要問合せ
【定休日】要問合せ
【料金】5ユーロ

 

2. ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

パティオからみた外観。装飾がメチャメチャきれいです。 ラロンハはシンプル

だけど重厚な作りの実用重視の商人の仕事場的雰囲気があります。

15世紀末、絹の取引所としてバレンシアの商品取引の中心の場でした。

らせん状の柱や、金の装飾がなされた広間、パティオ(中庭)など見どころが

いっぱい。世界遺産にも登録されています。

【住所】Carrer de la Llotja, 2, 46001 València, Valencia
【営業時間】月曜日〜土曜日 9:30〜19:00 

      日曜日・祝日 9:30〜15:00
【定休日】1月1日、1月6日、5月1日、12月25日
【料金】2ユーロ

 

3. 芸術・科学都市

バレンシア生まれの建築家、サンティアゴ・カラトラバが21世紀の

科学都市をイメージして造ったと言われる一大都市。最新設備を

揃えたオペラハウス、プラネタリウムやIMAXシアター、ヨーロッパ

最大級の水族館があり、市民や観光客の憩いの場として賑わっています。

一番のお気に入り『ソフィア王妃芸術宮殿』の方へ行ってみることに。

近くで見ると迫力あります! オペラハウスや水族館、科学博物館、

プラネタリウム、映画館などが融合した複合施設。「21世紀の科学都市」

をテーマにデザインされた建物群が近未来的です。とにかくたくさんの

施設があるので、見学の際は日数に余裕を!

【住所】Av. del Professor López Piñero, 7, 46013 València, Valencia
【営業時間】各施設による
【定休日】各施設による
【料金】各施設による

4. オセアノグラフィック(水族館)

館内はかなり広い上、イルカショーもあるので一日いても楽しめると

思います。 水族館のトンネルになった水槽はとっても大きくて、

迫力があります!海の中を歩いている気分! 上の芸術・科学都市の

中にある人気施設。海の生き物の展示はもちろんですが、世界の

海の塩の量を比較するコーナーなど、おもしろい展示も盛りだくさん。

水槽に囲まれたレストランで食事をするのもお勧めです。

【住所】Carrer Eduardo Primo Yúfera, 1, 46013 València, Valencia
【営業時間】1月2日〜6月14日、9月28日〜12月30日:

日曜日〜金曜日10:00〜18:00 土曜日10:00〜19:00もしくは20:00
6月15日〜6月28日、9月13日〜9月27日:

日曜日〜金曜日10:00〜19:00 土曜日10:00〜20:00
6月29日〜7月16日、2月4日〜5月4日、9月1日〜9月12日、

12月5日〜12月7日:日曜日〜金曜日10:00〜20:00 土曜日10:00〜20:00
7月17日〜8月31日:

日曜日〜金曜日10:00〜00:00 土曜日10:00〜00:00
※2015年の予定
【定休日】不定休
【料金】27.90ユーロ

5. バレンシア中央市場

町の中心地にある市場。新鮮な魚や野菜を買い求めに地元民が来るのは

もちろんですが、その場で買って食べられる生ハムやフレッシュジュース、

チョコレートなどもあるので、観光客が訪れるのにも楽しいスポット。

【住所】 Plaza Ciudad de Brujas, s/n, 46001 Valencia
【営業時間】月曜日〜土曜日7:00〜15:00
【定休日】日曜日 ほか不定休
【料金】無料

 

6. 火祭り博物館

毎年3月に開催されるバレンシアの火祭り。お祭り中は張子人形が

街にあふれ、優勝に輝いたものを除いて、祭りの最終日にすべて

焼かれてしまいます。そこで、優勝した作品たちを集めて飾ったのが

こちらの博物館。ユニークなものや意匠を凝らした作品が多く、

中心地より徒歩で20〜30分ほどです。

【住所】 Plaza Monteolivete, 4, 46004 València, Valencia
【営業時間】3月15日〜10月15日:

火曜日〜土曜日10:00〜19:00 日曜日・祝日10:00〜15:00
10月16日〜3月14日:
火曜日〜土曜日10:00〜18:00 日曜日・祝日10:00〜15:0
【定休日】月曜日(祝日をのぞく)、1月1日、1月6日、5月1日、

 12月25日、12月24日と31日の午後
【料金】2ユーロ

春の訪れバレンシア「サン・ホセの火祭り」(FALLAS DE VALENCIAスティバル , 

 m

スペイン三大祭りのひとつ「バレンシア サン・ホセの火祭り」が

地中海沿いのスペイン東部の都市バレンシアで開催される。

町の広場や通りを張子人形で飾り付け、3月19日のサン・ホセの

夜にすべて焼き払う祭り。「ファヤ」と呼ばれる張り子人形は、

巨大なものから小さなものまで、大小合わせて400体以上が

バレンシアの町を埋め尽くす。サン・ホセとは、イエスの父、

聖ヨセフの事。
最終日19日のサン・ホセの夜には小さなファヤから一斉に

火がつけられ、20日午前1時にバレンシア広場の巨大なファヤが

炎に包まれると火祭りは閉幕する。この祭りが終わるとバレンシアに

春が訪れる。

 

7. ビルヘン広場

【住所】 Plaça de la Verge、46001 València、Valencia
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【料金】無料

 

8. バレンシア美術館

バレンシアの美術作品だけでなく、エル・グレコやベラスケスなど

スペインを代表する巨匠たちの作品も見られます。フランドル派の

絵画もあり、幅広いコレクションを誇っているのにも関わらず、

入場無料というのが嬉しい。

 

【住所】 Carrer de Sant Pius V, 9, 46010 València, Valencia
【営業時間】月曜日11:00〜17:00 火曜日〜日曜日10:00〜19:00
【定休日】1月1日、12月25日
【料金】無料

9. カルメン文化センター

もとは修道院で絵画展や展覧会の会場として使われています。

何と言ってもカルメンそのものが観光名所!この地区を歩いていると、

グラフィティをたくさん目にします。古くなった建物のむき出しに

なった土壁やレンガ、コンクリートなど無機質な場所も趣が

ありますが、その色褪せた空間にマッチしたカラフルなアートも

楽しいですよ♪写真や現代アート作品が多くあり、鑑賞に疲れたら

自然あふれる中庭でほっと一息つくのもいいでしょう。

【住所】 Carrer de Museo, 2 , 46003 Valencia
【営業時間】冬季:11:00〜19:00 夏季:11:00 〜14:00 、17:00 〜20:00
【定休日】月曜日、ほか不定休
【料金】2ユーロ

10. セラーノスの塔

中世の時代、バレンシアの町は防御のために城壁と見張りの塔で

囲まれていました。このセラノスの門は1391年に建てられた

ゴシック様式の要塞の門で、当時は町へ入る際のメインの入口でした。

中世、城壁に守られるようにつくられていたバレンシアの町。

町に入るための主な入り口が、こちらの荘厳なセラーノスの塔でした。

塔は階段で上まで上ることができ、バレンシアの町並みが見渡せます。

【住所】 PL DE LOS FUEROS, S/N, 46003 VALENCIA
【営業時間】月曜日〜土曜日9:30〜19:00 日曜日・祝日9:30〜15:00
【定休日】1月1日、1月6日、5月1日、12月25日
【料金】2ユーロ

 

11. ビオパーク(動物園)

アフリカの草原を再現した動物園。その数、なんと200種もの動物

がいます。子どもだけでなく大人も楽しめる場所として、人気を

集めているホットスポット。展示方法も工夫されており、動物を

間近で見ることができます。

【住所】 Av. Pío Baroja, 3, 46015 València, Valencia
【営業時間】時期により異なるので、HPにて要確認
【定休日】不定休
【料金】23.80ユーロ

 

12. バレンシア北駅

高い天井、柱や切符売り場の窓口のタイル装飾、すべてに歴史が

感じられます。駅そのものが美術館。 ロビーには芸術的な

ステンドグラスや柱が昼も夜も美しく輝いています。

モデルニスモの影響を受けて作られたというバレンシア北駅。

電車でバレンシアへ行く方は、駅に着いたらじっくり中を見学!

バレンシア市章、オレンジやお花をモチーフにした装飾や

モザイク画など美しい装飾やステンドグラスは必見。

 

【住所】 Estación del Norte, Calle de Játiva, Valencia, Valencia
【営業時間】5:50〜0:00
【定休日】なし
【料金】無料

13. 国立陶器博物館

スペインで一番多くの陶器が集められている博物館 バレンシアは、

陶芸の地としても知られています。そんなバレンシアにあるのが、

世界有数の規模の陶器博物館。シャンデリアから当時の様子を再現した

キッチンまで、見ごたえたっぷり。

【住所】46002, Carrer del Poeta Querol, 2, 46002 València, Valencia
【営業時間】火曜日〜土曜日10:00 〜14:00、16:00 〜 20:00 

日曜日・祝日10:00 〜14:00
【定休日】月曜日、1月1日、5月1日、12月24日、12月25日、

12月31日、その他バレンシアの祝日
【料金】3ユーロ

 

14. バレンシア現代美術館

18.200平方メートルの広さに8つのギャラリーがある広々とした美術館で、

なかにはモダンアートに関する書籍を一万冊以上有した図書館まであります。

カフェもいい感じです。 現代アートを展示する新しい美術館。ピカソの

親友でもあり「鉄彫刻の父」と呼ばれるフリオ・ゴンザレスの作品展示が

充実しています

【住所】Calle de Guillem de Castro, 118, 46003 València, Valencia
【営業時間】11:00 〜19:30
【定休日】月曜日、その他不定休
【料金】2ユーロ

15. トゥリア庭園

バレンシアの旧市街北側を囲い込むように続く美しい緑の庭園。

町で最も大きな公園、ハルディン・デル・トゥリア(Jardín del Turia)には、

10キロにもわたる花で満ち溢れた緑の庭園の他、スポーツ施設やジョギングや

ウォーキングに最適な道が整っています…町の人の憩いの場になっていて、

ほっと一息つくのにおすすめのスポット。季節折々の植物も楽しめます。

 

【住所】 Avenida Manuel de Falla, s/n, 46018 Valencia
【営業時間】終日
【定休日】なし
【料金】無料

治安もよく、日曜や祝日は

光料金が無料というところも多く予算も安心。おすすめの観光スポットです。

火祭りのシーズンに行くといつもの2倍楽しめます!

|カテゴリー:Eurocentres福岡