Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
「Korea Cruise Travel mart」 4月8日(土)〜9日(日)4/5日目

「Korea Cruise Travel mart」 4月8日(土)~9日(日)4/5日目

ホテル朝食後雪岳山観光「ケーブルカー観光と神興寺散策

 雪岳山

江原道(カンウォンド)の束草(ソクチョ)市などに広がる面積398平方 キロメートルの

雪岳山(ソラクサン)国立公園。 ケーブルカーに乗って景色を眺めるお手軽観光から、

渓谷沿いの散策、 岩山絶景の登山まで、多彩なコースがあり、四季折々楽しめます。

2005年には国際自然保護連盟(ICUN)によって韓国で初めて国立公園と して生態系の

保護とレクリエーションを主目的に管理される地域に認定 されました。

紅葉で知られ、海外からを含め年間約360万人が訪れる人気の山です。

 

神興寺(シンフンサ)

真徳女王(?-654、新羅の28代目の王)6年(652年)に

全国の 有名な寺院を回りながら旅していた慈蔵律師(590〜658)が建てた寺で、

元々の名前は香城寺と呼ばれていました。その後、数回の火事に遭いましたが、

仁祖(朝鮮16代目の王)22年(1644年)に霊瑞、蓮玉、恵元の3人が 現在の

場所に寺を建て、名前を神の啓示を受けて建てたという意味を込め 「神興寺」と

しました。 神興寺には寺建立当時に作られた1400年の歴史を持つ梵鐘と、

朝鮮第23代 王純祖が授けた青銅の器の他に極楽宝殿(地方文化財14号)や

経板 (地方文化財15号)、普済楼(地方文化財104号)、香城寺址三重石塔 (

宝物第443号)、三仏像、冥府殿、七星閣などが保存されています。

東海館で昼食

 

平昌冬季オリンピックPR館記念館見学。

オリンピック広報体験館でオリンピック体験

氷上競技が行われる江陵コースタルクラスター。江陵の観光スポット鏡浦湖

(キョンポホ)の近くに、2018平昌冬季オリンピック広報体験館(2018)が

あります。大会エンブレムと同様に雪をイメージ、環境に優しいオリンピックを

目指し、中古コンテナをリサイクルして作られました。

「2018年平昌冬季オリンピック」をプチ体験!

2018平昌冬季オリンピック広報体験館:

東ソウル総合バスターミナルからバスで約2時間半+タクシーで約15分

アルペンシアリゾート:東ソウル総合バスターミナルからバスで

約2時間半+タクシーで約20分 平昌冬季オリンピックがひと目でわかる

中央ホールと冬季スポーツの英雄たちがそれぞれの戦いの中で

実際の動きをしているテーマ展示館、

冬季スポーツを体験できる4D体験館などで構成されています。

この体験館で楽しむことができる4D体験!シートベルトを締め、

専用サングラスをかけ、テーマパークのアトラクションのようです。

3D映像に合わせて椅子が動き、実際に自分がスキージャンプ、ボブスレー、

スノーボードをしているような気分が味わえます! アルペンシアリゾートは

メイン会場の1つ 雪上競技場が集まる平昌マウンテンクラスター。そ

のメイン会場の1つがアルペンシアリゾート(알펜시아 리조트)です。

リゾート内にはゴルフ場やスキー場、1年中楽しめるウォーターパーク、ホテル、

映画館、カジノなどがあります。 モノレール(有料)に乗ってタワーへ。

タワーの2階が98mのスキージャンプ台、3階が125mのスキージャンプ台、

4階がラウンジと展望台になっています。 2階でエレベーターを降り、98mの

スキージャンプ台まで歩いて行くのですが、エレベーターホールを出ると

足元が網に…。雪が積もらないように網になっているそうです。

下を見ながら歩くとスリル満点!

江陵船橋荘見学 「江陵船橋荘ソンギョジャン/강능 선교장

ここは、江原道地域で最もきれいに残されている品位ある上流階級の

家屋です。江陵市から鏡浦方面に4km程離れたところにあり、

朝鮮時代の上流階級邸宅を代表する場所として、重要民俗資料第5号に

指定されています。

イ・ヨンエ×ソン・スンホン主演で2016年3月現在撮影中の韓国ドラマ

『師任堂、the Herstory』(原題)。同作の撮影現場となっている

江原道・江陵(カンヌン)にある名所「烏竹軒(オジュッコン)」

と並ぶ名跡に「船橋荘(ソンギョジャン)」があります。

ここも『師任堂〜』の撮影地であり、同作だけでなく、

『宮〜Love in Palace』『王女の男』や『黄真伊-ファン・ジニ』を

はじめ多くの時代劇のロケ地としても有名です。

「船橋荘」は、ハングルの創製者・世宗(セジョン)大王の兄・孝寧大君

(ヒョリョンテグン)の子孫である李乃蕃(イ・ネボン、1703-1781年)が、

朝鮮後期に建てた邸宅です。李乃蕃がイタチの群れを追いかけ、偶然見つけた

土地に建てたといわれています。

その名は、「鏡浦(キョンポ)湖」が現在よりも広かった時代、出入りする

のに船を利用していたため、この地域を船橋の村(船橋里)と呼んでいた

ことに由来しているそう。

安木海辺コーヒー通り散策 ※江陵のビーチ沿い人気カフェ通り

江陵(カンヌン)市の東部にある江陵港、安木(アンモッ)海水浴場周辺は、

もともと釣りや海水浴場で有名な場所でしたが、近年、海沿いの通りに

カフェが相次いでオープンし、いつの間にか「安木カフェ通り」と

呼ばれるようになりました。都市部にもある有名なカフェチェーン店から、

ローストコーヒーで有名な店舗まで集まっていて、カフェのテラス席から

海を眺めながらカフェタイムを満喫できます。また、コーヒーを

テイクアウトし、コーヒーを片手に江陵の美しいビーチを散歩して

みるのも良いでしょう。

アイスホッケー観覧「オランダVS韓国」0:1韓国優勝

夕食「カルビー」

アルペンシアリゾート、インターコンチネンタル宿泊

※アルペンシアリゾート

大関嶺(テグァルリョン)の美しい自然が満喫できる複合観光施設です。

ここはゴルフビレッジやリゾートエリア、ウィンタースポーツエリアに

分けられています。

リゾートエリアはホテルやコンドミニアム、ウォーター パークで

あるアルペンシアオーシャン700などで構成されており、

ウィンタースポーツエリアには様々なスキーコースやスキー

ジャンプ台が あります。映画『国家代表!?』やバラエティ番組『

無限挑戦』のロケに 使われたスキージャンプ台は、2018年冬季

オリンピックでスキー ジャンプ競技場として使用される予定です。

スキージャンプ台は展望台を兼ねており、モノレールで上ることが

できます。展望台の観覧は「一般観覧」と平昌オリンピック前まで

一時的に 行われる「スペシャル観覧」があります。

スペシャル観覧ではスキージャンプ選手が使用する急勾配のス

キージャンプ 競技場を見ることができます。

アルペンシアリゾートでは2018年平昌冬季オリンピックのスキー

ジャンプ 競技の他、バイアスロン、クロスカントリーの競技が

開催される予定です。

4月9日(日)帰国日 ホテル朝食後、一路高速で仁川空港へ。

仁川空港発14:05-大韓航空KE789便―福岡空港15:25着後解散

お疲れ様でした!

|カテゴリー:Onthedayスタッフからのお便り