Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
行ってみたい世界の猫スポット!猫好きの聖地、70万匹が暮らす「地中海の島国・マルタ共和国」

行ってみたい!世界の猫スポット 猫好きの聖地、

70万匹が暮らす「地中海の島国・マルタ共和国」

イタリアの南側、地中海の中央に位置する小さな島・マルタ島。

7000 年にもわたる地中海文明の文化や歴史が凝縮する治安の 良い温暖な気候の島国で、

リゾート地としても人気がある。

約 42万人の人口の倍近くもいるといわれる程、マルタ島は 猫だらけ。というのも猫に

魔除けの力があると信じていた 古代エジプト王朝の船が、マルタを含む周辺各国に猫を

持ち込んだとされている

ヨーロッパ主要都市まで約 12〜13 時間。そこから飛行機を 乗継ぎ 2 時間〜3 時間

ほどでマルタ島へ。 地中海の真ん中に浮かぶマルタ共和国は、紺碧(こんぺき) の

海に美しい石造りの家々や城壁などが調和する印象的な 島国です。

十字軍由来の「マルタ騎士団」やハンフリー・ ボガートが主人公の探偵にふんした

映画でもおなじみの ダシール・ハメットの小説「マルタの鷹」なども有名です。

そんなマルタには人口の倍近くのネコ住むとされ、ネコ好き の間では、「猫島」と

して知られている。多くの愛好家が、 風光明媚なネコの“聖地”に癒やされにやって

来る。 マルタ共和国は、マルタ島をはじめとする3つの島からなり、 面積計約316

平方キロ。人口は42万人弱だが、ネコは 一説によると70万匹も住んでいるという。

フェニキアや カルタゴ、ローマにアラブに騎士団と、紀元前からさまざまな 勢力が

行き交ったため、さまざまな言葉や風習が混ざり合い、独特の文化を形成した。

要塞の壁に囲まれた旧市街、カラフルな船がずらりと並ぶ 漁師町など、マルタ特有の

風景の中で気ままに暮らすネコ たちは、とびっきりの被写体。

観光客が多い繁華街セント・ジュリアンズを歩いてみると、 「キャットビレッジ」と

名付けられた一角に行き当たった。

ネコがくつろぎやすいよう、小屋やぬいぐるみが置かれている。

ローザ・ザミート・サリーノスさん(69)が、自宅前に 設置し地元の名物に

なっている。ローザさんは、エサだけ でなく注射も手術も自腹でまかなっている。

募金箱も設置 しているが、節約のために魚釣りは欠かせない。 首都バレッタから

バスに乗って約30分、オルミという町に NPO法人「トマシーナ・キャット・

サンクチュアリ」が 運営する施設がある。

 

約20年前から事故にあったり病気にかかったりしたネコを保護、治療しており、

現在約350匹の面倒を見ている。

12人のボランティアがエサやりや掃除に従事。 1回の食事に必要とするキャット

フードは60缶にも及ぶ。 カルメル会長(71)は、「お金はかかるけど、ネコは

喜びを与えてくれる。幸せだよ」と話す。 温暖な気候に美しい町並み、豊富な

魚介類やホスピタリティ ーにあふれた住民。

マルタが受け継いできた「DNA」が、 旅人をひきつけると同時に、ネコの楽園を

生んだ。 猫好きの諸君に、是非お勧めの『Cut Irand/風光明媚な歴史の島 マルタ島」

に行って見ては!

 

|カテゴリー:お客様からの旅便り