Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
35周年特別企画大人気NO.1「ベストシーズンに行くスイスの旅」!

35周年特別企画 スイススペシャリストお勧めの旅 スイス政府観光局協力

              ベストシーズンに行くスイスの旅! 

スイスの旅行説明会

日時:4/21,5/12(土)13:00〜16:00

●会場:アクロス福岡3F 螢譽献磧璽廛薀On the day Office

スイス政府観光局公認スタッフがご説明します。

参考:昨年6月発スイス8日間のツアーでコース内容を確認できます!

●お問い合わせ・ご予約は、 ☎092−725−9090 Tommy 迄

 

人数で行く福岡発着添乗員付きスイススペシャル8日間

6/18,9/4,11発   420,000円   1人部屋希望90,000

ツアーポイント

‐人数(10名)でゆっくり寛いでスイスの見どころ満載!

∧_発着「フィンランド航空直行便利用」でラクラク安心!!

ベストシーズンにスイス絶景ルートを体験!!!

ぞさな村々と大自然をハイキング!!!!

ゥ好ぅ垢量省料理も堪能する満足の旅です!!!!!

宿泊ホテルは、厳選人気のホテルに宿泊

​   

1日目ルツェルンでは駅前で大変便利な4つ星ホテルモノポール泊

2/3日目インターラーケンでは山小屋風ホテルシャレ―スイス2連泊

​ 

4/5日目ツェルマットでは豪華4.5つ星ホテルアルバナレアル2連泊

6日目チューリッヒでは駅前のヨーロピアンスタイルブリストルホテル泊

 

■スケジュール ※催行人員10名 添乗員同行  

1水

福岡空港集合

福岡発−(国内/ソウル乗換)―ヨーロッパ(乗換)−チューリッヒ着18:15=列車=ルツェルン…ホテルへ

  

※ルツェルンLuzern湖、山、中世の街並みなど、スイスのあらゆる

エッセンスが文化探訪やイベント、グルメ、ショッピングなど多彩な

魅力に溢れたスイス連邦の世界遺産の町です。

噴水や建物に描かれた壁画が美しい旧市街を  中心に長い伝統と

歴史を感じます。初頭に建造された屋根 付き木造橋「カぺルブリュケ」や古い城砦の「ムゼック城壁」フランス革命の時、ルイ王家を

守り戦死した勇敢なスイス傭兵を偲び造らせた瀕死のライオン碑など

市内には歴史を 誇る名所がいっぱいです! 

 

※体力に自信がある方は、街を少し散策しSWISS民謡とスイス料理    で有名なシュッタトケラーでワイン・ビールで お楽しみ!

ルツェルン泊x機機− ホテルモノポール 4つ星

朝荷物預け(42SF必要)午前:古都ルツェルン観光

午後発=人気の列車「ゴールデンパスライン」=ブリエンツ

※名物料理「鱒グリルの昼食」

船でブリエンツ湖遊覧予定〜インターラーケンオスト駅着。

18:00駅で受け取りホテルへ。

      

※ブリエンツ:木彫りとSLで有名な村、
町の散策やショピング、散策を楽しんだ後、湖船に乗って美しい

景色を楽しみながらインターラーケンを目指します。

夕食は名物ミートフォンデュ料理お楽しみ下さい。

インターラーケン:

19世紀の山岳観光ブームで発展した町、ベルナーアルプスの玄関口

として有名。ブリエンツ湖畔の東駅とトゥ―ン湖畔の西駅を約20分で

歩けるメインストリートが結び高級ホテルやカジノなどが立ち並ぶ

エレガントな雰囲気の町です。

インターラーケン泊 ●●●

ホテルシャレ―スイス 3.5つ星

3 

終日インターラーケンオスト発ユングフラウ登山列車観光(8:00~18:00

※朝食後、ホテル〜オスト駅迄川に沿って散策

終日登山列車で楽しみます。

 

ユングフラウヨッホJungfraujoch – Top of Europe

スイスを代表する名峰アイガー、ユングフラウ、メンヒが連なる

ベルナー・アルプスの三名山をのぞむクライネ・シャイデックから

約100年前に開通したユングフラウ鉄道で、ヨーロッパ最高地点の

鉄道駅ユングフラウヨッホ駅(3454m)へと結びます。
ユングフラウヨッホ駅に隣接してつくられた複合施設

「トップ・オブ・ヨーロッパ」には、標高3571mから眼前に広がる

アレッチ氷河の眺望を楽しむことができる「スフィンクス展望台

Sphinx Terrace」や地下20mのところに下りて、神秘的な氷河の中に

つくられた氷の宮殿「アイスパレスIce Palace」、1年を通して

万年雪が楽しめるスノーパラダイス「プラトー展望台(雪原)」     など人気の観光ポイントのほか、100周年を記念してつくられた

「アルパイン・センセーション」などがあります。
アルプス最大・最長のアレッチ氷河を含む総面積824
平方

キロメートルの広大なエリアが「スイス・アルプス ユング

フラウ =アレッチ」として、アルプス初のユネスコ世界自然遺産に

登録されています。

Information  標高:3454m
 

 

    

※クライデシャイデック〜グリンデルワルドハイキング

(4〜5時間天候次第)  

グリンデルワルト〜インターラーケンオスト…ホテルへ 

インターラーケン泊●−− シャレ―スイス 3.5

4土

朝荷物預け(42SF必要)インターラーケン=乗換=

ツェルマット…乗換= ゴルナグラート鉄道観光

ゴルナグラード山頂=下山…ホテルへ。 

ゴルナグラート鉄道GB (1604m)=Gornergrat(3089m) 

スイス最高峰となるモンテローザや名峰マッターホルンを含む

アルプスの絶景が広がるゴルナーグラート山頂へ結ぶ人気の         登山鉄道。

マッターホルンへ向かって走るような迫力ある眺望が魅力。

高差1469mを約40分で結びます。

アルピニズム黄金期を迎えた19世紀末、1898年に開通した伝統の

路線です。トンネルがなく屋外だけを走る路線としてはスイスで     最も高いところを走る登山鉄道ですが、通年運行しているのも魅力。

逆さマッターホルンが美しい山上湖があるローテンボーデンや、

リッフェルアルプ、リッフェルベルクなど 途中駅からは四季折々に

多彩なハイキングが楽しめます。

 

 沿線の見どころ
ゴルナーグラート展望台Gornergrat
(約31000m)

ゴルナーグラート山稜にある展望台。ゴルナー氷河、フィンデルン

氷河、スイス最高峰のデュフール峰を抱くモンテ・ローザから        名峰マッターホルンまで4000m級の山々が連なる絶景を満喫できます。

100年以上の歴史を誇る山頂のホテル・レストランも人気スポット     です。
リッフェルゼー(リッフェル湖)Riffelsee
(2757m

ゴルナーグラート山稜の中腹にある湖面に映る“逆さ

マッターホルン”の美しさで有名な山上湖。

終点のゴルナーグラート駅のひとつ下にあるローテンボーデン駅     から歩いて約5分。ハイキングを楽しむなら、そのままもうひとつ    下の駅リッフェルベルクまで歩いたり、ひとつ上のゴルナーグラート駅からの下りコースがおすすめ。どちらも約3050分ほどの

ハイキングコースになります。
 

4000メートル級の名山に取り囲まれており、1年を通じて、雄大な

アルプスの山々や氷河を存分に満喫。

ゴルナーグラートやロートホルン、スネガ、クライン・マッターホルンなど、名峰や氷河が連なる絶景が広がる展望台へはロープウェイ   や登山鉄道で、簡単にアクセスできます。
さまざまなアクティビティがありますが、四季折々に多彩なコース   が
楽しめるハイキングが一番人気。

100種以上の希少種を含む約970種の花が咲くツェルマット周辺は

スイス随一の高山植物の宝庫。

夏季にはエーデルワイスをはじめ、さまざまな花々が咲き誇ります。
1988
年からアルプスの環境を守るため始まったガソリン車乗り入れ

禁止リゾート「GaST」のひとつ。

村内の交通は電気自動車または馬車でカバーされています。
1997
年からツェルマット村は妙高市(旧・妙高高原町)と姉妹都市。

氷河特急の始発駅でも有名です。
18:00駅で受け取りホテルへ

ツェルマット泊●−● アルバナレアルホテル 4.5

終日マッタールン・グレイシャー・パラダイス観光!

空中散歩とマッタ―ホルンの勇姿を真近くでお楽しみ下さい。

8時過ぎにホテルを出てゴンドラ ロープウエーと乗り

継ぎ、マッターホルン・グレーシャーパラダイス(3883m

まで行く。展望台で一服した後、登って来たロープウエーを下り、

途中シュワルツゼー・パラダイス(2583m)で下車し、マッター      ホルンの麓をハイキング。シュタッフェル、フーリ経由で          ツェルマットまで歩く。標高が低く人家や牧場などのある部分を     かなり歩き、この地方の暮らしなどを見ることができます。


クラインマッターホルン展望台
右の三角の岩がクラインマッターホルン、この岩山をくりぬいて

作ったエレベーターで昇ると3131mの展望台、その向こう側は

雪原が一面に広がり夏の間は午前中の雪がしまる時間帯にだけ

氷河スキーが楽しめます。
そして、イタリアの国境は目の前になりレストランではイタリア語    が
幅を利かすようになります。
クラインマッターホルン展望台、ここからマッターホルンを眺める

ことが出来ます。さらに南側のイタリア側に近づくとその姿を

すっかり変えてしまいます。しかも名前まで‘モンテ・チェルヴィーノ’に変わるのです。
この写真は、クラインマッターホルンへ行くケーブルカーの     二回目の
乗り換え駅トロッケナーシュテイクの展望台から      マッターホルンの壁を見たものですがこのトロッケナーシュテイク  あたりからでさえこれほど形が変わります。
クラインマッターホルン展望台のケーブルカーを降りて、      真っ直ぐに
トンネルを突き抜けると、目の前に雪原が広がります。
雪原の左側はブライトホルンへの登山ルート、右側は夏の間も滑る

ことのできる氷河スキー場とイタリア国境への峠のテオデュール   パスへと通じています。
このテオデュールパス(3464メートル)は、古くローマ時代   から
開けていてスイス側からは暖かい南国イタリアへ通じる憧れの  峠でした。紀元前1世紀頃のローマの金貨がこの峠で発見されて   います。

この頃の商人か旅人が厳しい峠越えの安全を願ってか、または無事

ここまで到達したことを感謝して置いていったものでしょう。
この金貨はツエルマットの山岳博物館の2階のコーナーに展示    されて
いるので見ることができます。

※フーリー〜ツェルマットハイキング予定天候次第

ツェルマット泊●−− アルバナレアルホテル 4.5

6

 

朝荷物預け(42SF必要)

ツェルマット=世界遺産「ベルン観光」

世界遺産ベルンの見どころツィットグロッゲ(時計塔)Zytgrogge

世界遺産に認定されているベルン旧市街で最初につくられた西門に

ある時計塔。独語で時計塔はツァイトグロッケントゥルZeitglockenturmといいますが、地元では、「ツィットグロッゲZytgrogge」と呼ばれています。

1220年頃から町がさらに西に拡大しため、西門は町の防壁の一部と

しての機能を失い、最初は牢獄として使用されましたが、1405年の

大火のあとに時計塔になりました。

時計の下にある天文時計と毎時(数分前から)動き出す仕掛け    人形が有名です。大きな時計の下にある天文時計は、1444年の     経理報告書に時計盤のお色直しの記載が残っていることから、    おそらく時計塔ができた当初(1405年頃)からあったと考えられて います。中心に地球がおかれており、天動説をベースにした     プトレマイオス型のアストロラーベ(天文板)で、私たちが空を   みるように、地球の周りを天体の太陽や月、12星座のシンボルで   表された星がまわっている形になっています。           金色の太陽のマークがついた指先が示す数字は時間、反対側の星  マークの光線が示す内側の枠内の数字が日付、太陽は12星座を    1年かけてまわり、金と黒の球体がついた針は月相を示す仕掛け。  そして、天文時計の上には、サタン、ジュピター、マルス、    ヴィーナス、メルキュールという5つの神が描かれており、     それぞれ土星、木星、火星、金星、水星を表しています。
1527
1530
年にかけて、カスパー・ブルンナーCasper Brunner

よってメインの時計仕掛けがつくられました。

中世につくられたメカニズムは、今も、時計盤の針と時を知らせる

鐘と仕掛け人形(からくり人形/オートマタ)を動かしています。
現役で機能し続けている時計仕掛けとしては世界でも最大級の時計

のひとつ。基本的に石の重さによって5つのメイン歯車が28時間

動き続ける仕組みで、約450キロの石は毎日ひきあげられています。
塔の内部で時計の仕組みを見学できるガイドツアーがあるので、

現代に残る中世の時計の世界を訪ねてみてはいかがでしょう。

時を告げる鶏からはじまり、熊の兵隊のパレードなど、鐘の音と   ともに毎時(少し前から)動き出す人形たちにも注目です。

ベルンからチューリッヒへ。

着後、18:00駅受け取りホテルへ。

チューリッヒZurich

        央駅からチューリッヒ湖畔まで延びる約1kmの目抜き通り

バーンホフ大通りは、ブランド店や銀行、証券会社が軒を連ねます。

夕食は、ツォイクハウスケラー」で スイス料理とビール・ワインで

乾杯 Zeughauskeller. 

500年の歴史ある建物を使用したビアレストラン。

かつて兵器庫として使われていた店内は、ゆったりとしており、

雰囲気がいい。

チューリヒ風ゲシュネッツェルテス(CHF33.50)などの名物料理

がある。またソーセージやビール/ワインの種類も多い。

チューリッヒ泊 ●−● ブリストルホテル 3.5ッ★星 

8時頃ホテル出発…チューリッヒ発(ヨーロッパ乗換)−機中

機中泊●−機

−(国内/ソウル乗換)−福岡着 解散お疲れ様でした!

機−x

※航空会社:AY,KE,JL,KL,AF,LH ※催行人員10名 添乗員同行        

利用ホテル:3.5〜4.5つ星クラス以上2名1室利用

※食事:朝6回,昼1回,夕3回,

※宿泊1人部屋希望(6泊)1人当たり90,000円 追加山側50,000円

追加※ビジネスクラス追加340,000円

※燃油サーチャージは、含まれていまん。

※各国空港諸税税(:福岡/チューリッヒ)任意保険は、別途必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|カテゴリー:スイス トラベル情報