Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
Visit Finland 8月9日は「ムーミンの日」!

Visit Finland 、8 9 「ムーミンの」!

ムーミン美術館がオープンしたタンペレのおすすめスポットをご紹介

〜ヘルシンキから電1 時間半の湖に囲まれた美しい街へ旅に出よう〜

8 9 は、「ムーミンの」です。フィンランドの国的キャラクターで

あるムーミンのみの親トーベ・ヤンソンの誕⽣⽇にちなみ、2005 年に

定められました。

Visit Finland(フィンランド政府観光局)ではこのを記念して、今年

6 にフィンランド第三の都市であるタンペレにオープンした世界で

ひとつのムーミン美術館とタンペレのおすすめスポットを紹介します。

世界でひとつのムーミン美術館 ―

最新技術を使った体験型美術館がタンペレにオープン!

2017 年6 17 、フィンランド独100 周年を迎える記念の年に、

タンペレホールに世界でひとつのムーミン美術館がオープンしました。

タンペレでは、1987 年から2016 年まで「タンペレ美術館ムーミン博物館」

において、トーベ・ヤンソンから寄贈されたムーミン作品や原画が展されて

いました。

の度、展内容をパワーアップさせ、新たに「ムーミン美術館」がタンペレ

ホールに場所を移し、リニューアル・オープンしました。

ムーミン美術館の様⼦

Jari Kuusenaho / Tampere Art Museum ©Moomin CharactersTM

同美術館では、ムーミンの原画や、トーベの涯のパートナーであり、

グラフィックアーティストであったトゥーリッキ・ピエティラによる

体模型などが多数展されています。

このほか、最新技術を駆使したインタラクティブな展もあり、

新しいタイプの体験型美術館となっています。常設展「それから

どうなるの?」では、ムーミンの9 冊と、絵本3 冊の計12 冊を基に

した展で、ムーミン物語の世界を体験いただけます。展本語に

も対応しているため、ムーミンファンはもちろんのこと、あらゆる

お楽しみ頂ける内容になっています。

8 9 からは、企画展弾として「トーベ・ヤンソンとムーミンたち

展」が開催されます。この展ではトーベ・ヤンソンのムーミン挿絵家と

しての側に加え、ムーミンのキャラクター誕秘話やキャラクターの

転換期などについて知ることができます。

2 営業時間: 9 時〜19 時 / 11 時〜18 時 / 休館

2 場所:Tampere-talo Yliopistonkatu 55 33100 Tampere, Finland

2 サイト(本語):https://muumimuseo.fi/ja

ムーミン美術館の様

Jari Kuusenaho / Tampere Art Museum ©Moomin CharactersTM- 2 -

<ムーミン美術館があるタンペレってどんなところ?>

タンペレは、フィンランド南部の湖にある、フィンランド

第三の都市です。

ヘルシンキからは、電で最短1 時間30 分の距離です。2 つの湖と

その間を流れるタンメルコスキ川によって作られる美しい景観は

ヘルシンキとはまた違った魅があります。

また、タンペレは、フィンランドの産業命の発信地であり、現在も

テクノロジーの街として知られています。かつては、紡績業や製紙業が

盛んで、フィンランドを代表するテキスタイルブランド「フィンレイソン」

もタンペレ発のブランドです。かつて場として使われていた

レンガの建物は、街のアイコンともなっています。

伝統的な建築と新しい都市開発が事に融合したタンペレで、

お気にりのスポットを発してみてはいかがですか?

<タンペレでくべきおすすめスポット>

l カラフルな材に出会える マーケットホール

100 年以上の歴史を持つタンペレ・マーケットホールは、北欧最級の

屋内品市場です。

タンペレ市の中に位置し、多くの市で賑わっています。活気溢れる

市場でタンペレ市活を体験してみるのはいかがですか?タンペ

ならではのソーセージはもちろんのこと、野菜やパンなどているだけ

も楽しさ満点。また、マーケットホール内のおしゃれなカフェでコーヒー

タイムを楽しむのもおすすめです。

 

タンペレ市街を望できるホテルトルニ・タンペレのモロ・スカイ・バー

タンペレ駅のほど近くに2014 年にオープンしたホテル・トルニ・タンペレは

88 メートルのモダンなタワーとかつて機関の駅舎として使われていた

レンガ造りの建物が融合するクリエイティブなホテルです。タワーの25 階に

あるモロ・スカイ・バーは、地元のもおしゃれスポットとして

知られており、タンペレ市内を望することができます。

晴れたには開放的なテラス席に座るのがおすすめ。夜にはロマンチックな

夜景も楽しめます。北欧らしいスタイリッシュで暖かみのあるインテリアに

囲まれながらほっとするひとときを過ごしてみませんか?スカイ・バーは、

ホテルに宿泊しなくても利することが可能です。

2営業時間:11:00~24:00 / -11:00-2:00タンペレの中にある

タンメルコスキ川沿いをお散歩18 メートルの低差があるナシ湖とピュハ湖を

つなぐタンメルコスキ川は、その急流を利して、⽔⼒発電がおこなわれており、

昔からタンペレの々の活をえています。

川沿いには、昔ながらのレンガ造りの建物がち並び、タンペレらしい景を

楽しめるおすすめの散歩コースです。

夏場には、タンペレ市が川沿いで憩う様もよくられます。そんな地元の

混じって、ピクニックを楽しんでみてはいかがでしょうか。

川のに癒されながら、気知れた仲間たちと過ごす最時間−

フィンランド流「何もしない幸せ」をぜひここで体感してみてください。

 

フィンランドで1 番美味しいドーナツがべられるピューニッキ展望台

ピューニッキ展望台は、1929 年に建設された歴史ある展望台です。

150 メートルの世界最級のエスカー(氷河が削り出した砂や礫が蓄積してできた

い峰)に建てられており、塔の上からは、タンペレの美しい景観をつくり出す北の

ナシ湖と南のピュハ湖、そして美しい緑の森が眼前に広がります。

晴れたには、その吸い込まれるような湖のさに思わず息を飲んでしまうことでしょう。

ノスタルジックな内装のタワー内のカフェは、フィンランドでおいしいとわれる

カルダモン味のドーナツを求めて、多くのや観光客でにぎわいます。

森の中をちょっとハイキングしながら、ほっこりとした北欧タイムをお楽しみください。

営業時間:毎9 時〜20 時 / 9 時〜21 時(夏季)

※夏とクリスマスイブは3 時まで ノスタルジックなタッリピハ厩舎跡-

フィンランドならではのおしゃれなお産を探してみよう!

タッリピハ厩舎跡は、可愛い雑貨屋さん、北欧デザインのカフェ、メルヘンな

チョコレートショップなどが軒を連ねる、⼥⼦旅では外せないエリアです。

かつて厩舎だった屋を改装し、再利しています。お店以外にも、公園があったり、

⾺⾞に乗ることもできたりと、市にとっての憩いの場となっています。

フィンランド語のポストカードや、フィンランドのアーティストが作った

ハンドメイドの物など、掘り出し物をつけてみてはいかがですか?

 

<タンペレへのアクセス>

ヘルシンキからタンペレまで電道21 ユーロ、1 時間半程度です。

 

|カテゴリー:Onthedayスタッフからのお便り