Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
1.BESTシーズンに行くSWISSハイキングと列車の旅!

一昨日、Europe から帰国しました。天候に恵まれましたがフライト乗り換えがパリで

厳しくてトランクは、まだついていません!
今回は、スイスハイキングと鉄道の旅がメインですので観光箇所を個別で
紹介

したいと思います

第1日目 6月18日(月)
6:50福岡空港国内線ターミナル1階 
7:50福岡空港出発。全日空(NH)1702便にて関西空港へ
8:50関西空港第1ターミナル2階到着。「4階」の国際線出発フロアで

チューリッヒまでの搭乗手続
※関西地震の為1時間半遅れで出発
関西空港出発。KLMオランダ航空(KL)868便アムステルダム・スキポール

空港へ.。乗継時間が短く30分で何とかアムステルダム・スキポール空港出発。
KLMオランダ航空(KL)1963便にて、チューリッヒへ。
チューリッヒ・クロ―テン空港到着。
ただしトランクが着いていない状態でチューリッヒ出発。
列車「インター・シティ」にてルツェルン到着徒歩にてホテルへ。
【ルツェルン泊】CONTINENTAL PARK(コンチネンタル・パーク)

第2日目 6月19日(火)
ホテルレストランにて朝食後、ルツェルン観光散策
(旧市街、カペル橋、瀕死のライオン像など)ホテル発。
徒歩にて古都ルツェルン駅へ。
ルツェルン発。ゴールデンパスラインにてブリエンツへ。
ブリエンツ着。昼食まで時間があるのでロートホルン観光へ!

ブリエンツロートホルン鉄道Brienz Rothorn Bahn

ロートホルン鉄道ブリエンツ駅から標高2244mのロートホルン・クルム駅まで

7.6kmのアプト式ラック鉄道の急勾配を蒸気機関車が客車を押上げながらターコイズ
ブルーに輝くブリエンツ湖を眼下に約1時間の道のりを走ります。
但し乗客の多いシーズン中はディーゼル機関車も併用されます。

ロートホルン・クルム駅から山頂まで足をのばすとアイガー、メンヒ、ユングフラウに

代表されるベルナーオーバーラントの山々や中央スイスのリギ山、ピラトゥス山の

素晴らしい眺めが堪能できます。
又、時間に余裕のある方はロートホルン・クルム駅近くのホテルに一泊しハイキングを

楽しまれるのはいかがでしょう。 
※運行期間は6月6日から10月25日迄。
まず急勾配に興奮して車窓から見えるブリエンッ湖と山々の絶景に感動!山頂の眺めも

また良いです。何時も天気が不安定で、頂上に行くまでは雨、頂上についても、雲が多く、

今回はベストシーズンにやってきましたが…

でも雲が切れる瞬間がありまさに絶景。まるで遊園地のおもちゃのような蒸気機関車に窓の
ない客車が前方にあり、かなりの急こう配をゆっくりと登っていきます。

車窓からは進行方向左にブリンツ湖などがあり景色は最高です。
行きは進行方向左側をお勧めします。

 

ブリエンツ名物料理「鱒グリル」の昼食。
食後、ブリエンツ湖遊覧をしながらインターラーケンOST駅へ。

 

ブリエンツ湖遊覧船 
ブリエンツとインターラーケン・オスト間を途中ギースバッハ、

イシェルトワルトなどブリエンツ湖畔の名所に寄りながらの片道およそ

1時間20分~30分のクルーズです。
夏のシーズン中はノスタルジックな外輪蒸気船「レッチベルクLötschberg」や

エーデルワイスとリンドウのペイントが楽しげな「ユングフラウ Jungfrau」が

就航します。

            
ギースバッハ滝Giessbachfälle : Brienz
なだらかなアクスアルプAxalpの山に沿って集まったアルプスの水が、緑豊かな

山中を14層の滝となって流れ落ちるギースバッハフェレ(ギースバッハ滝)。
滝のまわりを散策する遊歩道やさらに山をのぼっていくハイキングが楽しめます。
滝のそばにあるのは、 1873/74年に建てられた伝統を誇るクラシック・ホテル

「グランドホテル・ギースバッハGrandhotel Giessbach 」。
優雅なたたずまいを今に残している人気のホテルです。
テラスからは滝をまさに眼前にした眺望を満喫。オスト駅到着後、エスト駅まで

ポストバスで移動!


あるいてシャレ―ホテル着後、夕職は名店バーレンでスイスの伝統名物料理を味わう!
【インターラーケン 泊】CHALET SWISS(シャレー・スイス)

|カテゴリー:Onthedayスタッフからのお便り