Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
5.ベストシーズンに行くSWISSの旅「世界遺産ベルン観光」

第6日目 6月23日(土)

ホテルレストランにて朝食後、駅へ向かいます。

9:37ツェルマット発、列車にて、フィスプ乗り継ぎベルンへ

11:54ベルン到着後、世界遺産「ベルン市内観光」

 

ベルン紹介
湾曲するアーレ川に囲まれた土地をいかして1191年ツェーリンゲン公ベルヒトルト5世に

よって造られた町がはじまり。13世紀から自由都市となりさらに発展していった美しい

旧市街は、1983年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

大聖堂や13世紀の城門につくられた時計塔、彫像が美しい泉(水飲み場)が点在する

町並みを残す一方で、スイス連邦の首都として便利な近代都市の機能も兼ね備えています。

質の高い美術館や博物館も多く、ヨーロッパ最長ともいわれる石造りのアーケードや地下の

ケラー(貯蔵庫)など個性的な店が集まるショッピング天国でもあります。

広場で定期的に開かれる市場ものぞいてみましょう。また、公園や庭園が多く自然豊かな

ベルンでは、四季折々に異なる雰囲気を味わうことができるのも魅力です。


観光ポイントTravel Point
ツィットグロッゲ(時計塔) 12/13世紀に建てられた中世都市のかつての城門が

前身となった時計塔は、そのあと、拡張をくり返した旧市街のほぼ中心に位置する

ランドマーク。大きな天文時計のわきにある熊の兵士や鶏、王などの人形仕掛けは、

毎時、時間が変わる数分前(約4分前)から動き出します。ガイドツアーに参加して、

塔の内部に入ると、16世紀から動いている時計仕掛けを見学することができます。

ブンデスハウス(連邦議事堂) 2つの議事堂と中央ドームから成る重厚な建築が印象的な

連邦議事堂。美しい装飾が残された議事堂内部は、ガイドツアーなどに参加して見学する

ことも可能です。

ブンデスプラッツ(議事堂前広場)Bundesplatz
連邦議事堂と同じ1902年からの歴史を誇る広場。公募で選ばれたデザインで、

2004年にリニューアルされました。市民の憩いの場として人気のスポットで、

スイスの全カントン(州)を表す26の噴水が、夜には美しくライトアップされます。

毎週、火曜と土曜の午前中には、伝統のマーケット(市)も開かれます。

ベルナーミュンスター(ベルン大聖堂) Berner Münster
12/13世紀の教会を基盤に15世紀に着工した大聖堂。スイス最大規模を誇る後期ゴシック

の傑作で、正面扉につくられたレリーフ『最後の審判』やオルガン、ステンドグラスなど

見ごたえ十分。約100mの塔の上からは壮大なパノラマビューを楽しむことができます。

旧市街の泉 Brunnen
100箇所以上の泉(水飲み場)が残るベルン。そのうち、16世紀につくられた歴史的な

もので、カラフルな装飾が施された柱が特徴的な11の泉が旧市街の主な通りに点在

しています。ベルンの町を創設したツェーリンゲン公がシンボルである熊の姿を

したものや、子供を食べている食人鬼、バグパイプ吹き、正義の女神、など、

さまざまなものを象徴した偶像をみることができます。

アーケード 中世の石造りのアーケードが約6km続くベルンの町は、雨の日でもぬれずに

買い物が楽しめるショッピング天国。レストランやショップが建物の1階部分に軒を連ねています。

ベーレンパルク(熊公園) ニーデッガー橋のたもとの土手につくられた敷地面積

6000平方メートルの公園で、ベルンのシンボルでもある“熊”をみることができます。

アーレ川に囲まれた世界遺産の美しいベルン旧市街が一望できる憩いのスポットです。

ローゼンガルテン(バラ公園) 約200 種類18000本を誇るバラ、アイリスや日本から

寄贈された桜などが次々と咲く公園。高台にあり旧市街を見渡せる人気の眺望スポット。

14:34ベルン発。列車にてジュネーブへ。

16:18ジュネーブ到着。ホテル「ノボテル・ジュネーブ・センター」へ…

夕食は、スイスレストランエーデルワイスで名物スイス料理

「ミートフォンデュ」でお楽しみ!付け合わせのサラダも大盛!

ミートは、お1人様300g大満足です!!

〔宿泊ホテル〕NOVOTEL  GENEVE  CENTRE (ノボテル ジュネーブ センター)

|カテゴリー:Onthedayスタッフからのお便り