Onthedayは海外旅行や国内旅行はもちろん、格安航空券、ホテル、列車のチケットなどお得な情報が満載!
ホークス日本一おめでとう!メール
ホークス日本一おめでとう!メールご紹介
ホークス日本一おめでとう!一夜明けて福岡の街はホークス一色!!
これからパレードや売出しで年末は、盛り上がる事でしょう!!!
お客様からこんなメールを頂きました!皆さんの熱い思いが伝わってきます。


 Aさんからのメール
ホークス日本一おめでとう!
優勝ダ!日本一ダ!
感動しました!
この勢いで今年あと1ヶ月ちょっと元気に締めくくりましょう!

8年ぶりに日本一、秋山監督の目標は常に日本一、そして、孫さんは
世界一です。

今年は3/11の大震災後のスタートで、勇気と元気を与えたかったと語った。

勝利者の心構えは気持ちがいい。セルフ・イメージが上がります。
歴史に残る世界で最も貢献する人間になる、目指せ世界一!

Bさんからのメール
『福岡ソフトバンクホークス優勝、おめでとうございま〜〜す!』

「おめでとう!」の声があふれんばかりに、福岡の街に満ちています。
優勝が
決まった時、ワ〜ッと飛びだす選手達の中で、ひとり秋山監督が、
空を舞う紙
吹雪を放心したように見ながら、ゆっくりグランドにでて
きたのをみて、普段
は野球を見ない私ですが、グッ〜ときてしまいました。
長く苦しい戦いであっ
たろうと・・・
ところで、「祝勝水」というのを覚えておいでですか?優勝したあと、
ビール
を掛け合っていたのをもったいないというので、さる清涼飲料
メーカーが「祝
勝水」という水をつくったのです。
実は、その当時の2000年の日本シリーズでのこと。最終戦で当時の
ダイエー
ホークスが東京での戦いに持ち込んだ時、「すわ、優勝だ」と
いうことで、こ
の水を祝勝会のために、何台かのトラックが連なって
深夜便で高速をぶっ飛ば
し、東京へ運んだのです。残念なことにその時、
優勝ならず、その大量の祝勝水は
あえなく福岡に舞戻ってきました。
「これ、そのときの祝勝水。本当は全部破棄しなくちゃいけないんだけど、
本だけ残した。ママにあげる。」といって持ってきてくれた方が
おりました。
それを今回の優勝戦において思い出し、店の奥の棚から
ひっぱりだし、優勝を
祈るの気持ちをこめて、カウンターに飾って
おりました。

500mlの緑のペットボトル。真ん中に「HOUKS・2000年・
ジャ
パンシリーズチャンピオン・V2 」(非売品)とかかれています。
それが1
1年の歳月を経て、丸いボトルがベコ〜っとへっこんで四角く
なりました。

あの時報われなかったこの祝勝水。今回やっと開栓できるのかな〜と
思いつつ、
あまりに「レア物」にこのままそっとおいておこうかな〜、
とも思っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


|カテゴリー:お客様からの旅便り
28周年企画今年のベルギーのお薦め見所紹介3コース
ベルギ政府観光局ワロン・ブリュッセル高橋緑さんからの今年のベルギー見所紹介の
お便りです!

<ベルギーの首都ブリュッセル> ご存知のように、EUをはじめ国際機関の本部を
抱えるなど、ヨーロッパの首都でもあります。ブリュッセルの1番の見どころは
世界遺産の広場グランプラスです。
市庁舎、ギルドハウスなど四方を古くからの建物に囲まれ石畳の敷かれたこの広場は、
毎朝花市が開かれるなど今でも市民の憩いの場となっているところです。
今年8月には2年に1度のフラワーカーペットが開催されます。
広場一面にベゴニアの花が敷き詰められて模様が作られ、花の絨毯ができあがります。
(C)Brussels International
ブリュッセルでの楽しみの一つがアンティーク探し。古いものを大切にするベルギー人の
気質がよく表れています。サブロン広場では毎週土・日にアンティーク・マーケットが、
またジュ・ド・バル広場では毎日蚤の市が開催されますし、その付近にはアンティークの
品を扱うお店が多く並ぶ通りがあります。その数はアンティークに詳しい方から見ても
驚くほど多い、と言います。町歩きを楽しみながら、家のインテリアに使えそうな
アンティーク雑貨を探してみてはいかがでしょう。
 (C)八木実枝子
ブリュッセルは食の都でもあります。多くのレストランが軒を並べますが、味のレベルは
とても高いです。また日本でも良く知られるチョコレートはもちろん、ワッフルや
焼き菓子など甘いものも魅力の一つです。


<「世界で一番小さな町」デュルビュイ>
人口500人足らずのデュルビュイ「世界で一番小さな町」。すぐ近くをウルト川が流れ、
アルデンヌの森に囲まれた道を抜けると、小さなかわいらしいデュルビュイの町が目の
前に現れる。上から町を見下ろすと、すべてが見渡せてしまうのほどの小ささ。
黒いスレート葺きの屋根が立ち並ぶのがよくわかる。
ヨーロッパの人たちは建物の外側は壊さずに内装だけを新しくするため、中世から残る
町をそのまま見ることができる。
ここデュルビュイの町は小さいながらも、週末ともなるとベルギー国内からはもちろん
周辺の国からも多くの観光客が訪れる人気スポット。
彼らがデュルビュイを訪れる主な目的はこの町の「グルメ」。デュルビュイは町の
規模のわりにはレストランが多く、そのレベルの高さも評価されている。
レストランを併設するホテルも多いため、週末に宿泊を兼ねてグルメを楽しみに
やってくる人たちが多くいるというわけだ。
食事とホテルでの滞在を楽しんだ翌朝は遅めに起きてゆっくりと朝食を楽しんだ後
町をのんびり散策してみては。
デュルビュイ定番のおみやげは“タンポポのジャム”。
また、この地方の名物はアルデンヌ・ハムなど。


<スパ>
温泉地として有名だったこの町には、ベルギー王室をはじめ、ロシア皇帝ピョートル大帝、
またヴィクトル・ユーゴーやアレクサンドル・デュマといった人たちが療養のために訪れ、
今もかつて使用されていた温泉施設が見学できます。
また町から一歩出ると緑豊かな自然が広がり、森の中にいくつもの源泉が点在しています。
源泉はそれぞれ立派な囲いがあり、以前からとても重要なものだったということが良く
分かります。囲いがあるおかげで「あそこに源泉がある」ということもすぐに分かります。

スパの町でエステなどを楽しむなら、町の中心にあるホテルRadisson SAS Palace Hotel。
このホテルにはスパの施設テルム・ド・スパThermes de Spaが併設されていますが、
場所は山の上。ホテルの脇にある専用ケーブルカーでスパの町がどんどん小さくなるのを
眺めながらどんどん上ります。上りきるとそこにスパの施設が。プールやエステ、
温泉などが楽しめます。宿泊せずに施設だけを利用してもOKです。
さあ、今年の夏は是非ベルギーへお越し下さい!


詳しいお問い合わせは、Onn The day 迄!!
|カテゴリー:お客様からの旅便り
第二回MOMO DESIGN CLUB TOURING!!
第二回MOMO DESIGN CLUB TOURING!!
モモヘル被ってサーキット走ってきました!
朝7時30分ワールドラン集合!


気温は1度でしたが、天気は快晴でした♪
皆で走れる嬉しさとサーキット走行出来る楽しさで、みんなハイテンションです。
いや〜!やっぱり目立ちますよねモモヘル軍団(笑)
山パーキングでFZ姉さんと野上さん二人と合流。


この日の基山パーキングエリアはライダーが一段と多かったです。
続いて山田パーキングエリアでばったりkoさんとマークさんにお会いしました!


コーヒーで温まったところで出発。

 
走っているとこを頑張って撮影!

ずれてたりぼけてたりしておりますが、走りながら片手運転ですのでご勘弁を(笑)
快適に大分自動車道を湯布院まで走ります。
走行中に追い越し車線から紳士的な追い越しをされたと思ったら、tomiさんでした♪
湯布院インターでバルキリルーンをゲットされた


hiroさんと合流しました。インターからサーキットまでは40分程度です。
モモヘルを見せびらかしながら下道を走っていきました(笑)
SPA Naoiri 到着!
サーキットでは既にスティーブさんが受付されていました。


ツインズのメンバーも同時に到着!
ジャックとまーぼうとどんてい♪
久しぶりの再会です。
takaちゃんも久しぶりです♪

さて、積もる話もありますが、受付を先に済ませないと!
走るのは13時からですので、先にブリーフィング&昼ご飯を食べました。


スティーブの山下さんがコース説明をしてくれました。
ジョークありの楽しいブリーフィングです!

山下さんと記念撮影


ドラゴンボールですか?山下さん!
私は相変わらずエスキモーです(苦笑)

ツナギを持っていないメンバーはこのプロテクターを着用します。
(SOUL RACE プロテクター)


ますは、エクスペアレンツ(速い組)からスタートです。
モモヘルメンバーは参加してませんが、ツインズのメンバーが4名参加!凄いですね!!


その後は、サーキットデビューコース(私達)の番です。
みんなそわそわしてきました!
スタート準備です。
モモヘルを探せ!!

  
hiromi発見!kuさんとブル君発見!omiさんとhiroさん発見!

 
いざ出発です!!
ドキドキ!!
   
楽しい〜!!!これからデットヒートが始まります。

つづく

 
|カテゴリー:お客様からの旅便り
☆2011.JAN 第一回 MOMO STYLE CLUB TOURING☆
ワールドランの入江さんから第1回ももデザインもヘルメットを持ったクラブのツーリングの
レターが届きました。 1月分ですが折角のメールですので記載しました!

☆第一回 MOMO STYLE CLUB  TOURING☆
無事に終了し皆さん本当に有り難うございます。
雲行きが怪しい中、16人のメンバーが集まりました!

第一回目なので、始めて顔を合わせるメンバーが殆どだったんですが、みんな和気藹々と
バイク話て盛り上がっておりました。
なんと、モモヘルオーナーツーリングは日本でも始めての企画なんです!嬉しいですね♪


100CC〜1000CC以上のオートバイがずらりと並んで、しかもみんなモモデザイン
ヘルメットを被っているんですから、目立つ目立つ!



こちらは私の甥っ子なのですが、モモヘル被っていたらバイクがベスパに見えるのは私だけでしょうか?..笑
本人はドカティを狙っているようですが。
モモヘルはスクーターにもバッチリ似合いますね♪


気温は2〜3度!寒いんです!
しかし寒いのに、沢山のメンバーさんがこられたので感動と感謝でいっぱいでした。
私なんか、あまりの寒さに走りながら睡魔がおそってきたぐらいです!

み〜んなモモヘルですよ!
バイクはバラバラですが、ヘルメットが同じなので統一感があります。

後ろから見ているといい感じなんです...笑

霧雨に降られながら、第一休憩ポイントまで、安全にすり抜けなしで到着。
みなさん寒いので、温かいコーヒーで癒されます(笑)


新型V-MAXカッコいいですね!
とにかくデカイです!


ヘルメットとバイクが似合います!


絵になりますね〜♪
nogamiさんとモモとショベル!


コーヒーで温まったところで、先へ進みます!
みんないい顔しております♪



路面が濡れていましたが、安全運転で問題なしでした。
しかし、殆どバイクとすれ違っていません...笑
こんなに寒いときに走るのって、やっぱりバイクバカなんでしょうか(笑)


佐賀でレッドブル君と合流♪
これで全員集合です。
 次は牡蠣小屋です!亦メールします!


|カテゴリー:お客様からの旅便り
ライン川近辺の観光についての情報

ドイツライン川氾濫情報


大寒波で積もった雪が解けたことにより、ドイツの主要河川が10日までに各地で大幅に
増水し氾濫しました。ライン川とその支流のモーゼル川の合流点の西部コブレンツでは市内の
一部が冠水、5千人以上が被災し、モーゼル川沿岸では、氾濫した水が地下室に
流入するなど住宅地で被害が続出。コブレンツでは10日夕、水位が7.5メートルを超え、
通常の2.5メートル前後を大幅に上回った。
ライン川中流やモーゼル川では、観光船などの運航中止が相次いだ。
今後暖かい日が続くことが予想されライン川では水位がさらに上昇する恐れがあるため、
沿岸の古都ケルンなどでは警戒を続けている。(共同)


異常時のライン川周辺写真

このニュースでお分かりのように、長引いている
 マイン川の増水ですが、やっと水位が
下がっってきました。
久しぶりに川岸の遊歩道が見えています。。
早速ジョギングしている人もいます。
ただ、川沿いの道は、清掃の為 本日は通行止め。(添付写真参照 1/20付明朝撮影)ライン川を走るKDクルーズも本日は催行している模様です。
お客様への情報提供にお役立ていただければ幸いです。


平常時のライン川の写真

現地 Eurocentres Germany

|カテゴリー:お客様からの旅便り
秋の紅葉を楽しむ《世界遺産慶州仏国寺》は、お薦めです!


On the dayスタッフから、素晴らしい紅葉のお誘いを受けて現地で慶州の日帰り観光を
11月20日に楽しんできました!
釜山さんから車で1時間ほど高速を走り慶州に到着。
「世界遺産仏国寺」の紅葉は、自然とお寺が一体となった中、秋の美しさを堪能しました。
カエデや銀杏の広葉樹の葉っぱが赤や黄色といったカラフルな色使いでパラソルに絵の具を
溶かしたように艶やかで本当に綺麗でした。本当にきてよかったです・・・
まずは、写真をご覧下さい!



ゆっくりと時が流れるなかを散策!
木々の間からいろんな色が交錯し、木洩れ日による木々の陰が地面に映し出され、その中を
歩くとかさかさと落ち葉の音だけが聞こえる・・・奥のお堂のほうから読経が流れ自然と一体化
した寺独特雰囲気を味わう事が出来ました。
残念なのは、世界中からの観光客が世界遺産を見学に来る為、騒々しく感じられる場所が
あったこと・・・平日であれば静寂の仏国寺を見学できたでしょう。




ゆっくりとした2時間の滞在でしたが来年もまたきます。その時は、亦ご連絡下さい!
楽しい旅を、有り難うございました。
                             秋夫 あき子

 
|カテゴリー:お客様からの旅便り
マルタ観光局からのレター「福岡発着マルタの旅」
マルタ観光局からのレター「福岡発着マルタの旅」ですが先般福岡に観光局の
遠藤マネージャーがお越しになった特に福岡のお客様にマルタの紹介をお願いしました。
早速、気持ち良くお手紙を頂きましたので皆様にご紹介します。
マルタ騎士団
おすすめの九州(福岡)発着 「マルタの旅」!

「Travel NEWS On the Day」をご覧の皆様、こんにちは、マルタ観光局の遠藤です。
皆様はマルタと聞いて何を想像しますか?
サックス演奏者のMALTA?それとも京都の丸太町、コイ科の魚マルタでしょうか?
実はマルタと言うれっきとした独立した国がヨーロッパに存在するのです。
日本から、はるか西へ15時間。
地中海の真ん中に位置する小さな島、それがマルタ共和国です
国土総面積は約316k(福岡市340.96㎢ )。東京23区の半分ほどの面積であり、
世界で十番目に小さなこの島は‘世界遺産の島’として知られております。
約40万人の人々が暮らしています。
地中海の島国という事もあり気候が温暖、年間120万人以上もの観光客がマルタを訪れ、
それぞれの余暇を楽しみます。日本からの年間渡航者数は、現在では約2万人。

まだマルタを知らない(未知で未体験な)皆様に是非マルタの良さをご紹介させていただきたいと
思います。
マルタ島、ゴゾ島、コミノ島からなるマルタ。ヨーロッパ諸国の中でも治安が良いことで定評が
あります。その理由の一つとして上げられるのには国民の9割以上が敬虔なカトリック信者で
あるからかもしれません。マルタはフェニキア語でMalet(安全な場所を意味する)が国名の
語源と言われています。
年間を通して温暖なマルタ(5〜10月の平均気温23℃、11〜4月の平均気温14℃)では
常にいろいろな行事(フェスティバル、カーニバル、マラソン、P1レース、ヨットレースなど)が
開催され世界各国からの旅行者を楽しませてくれます。

毎年2月に開催される国をあげてのマルタカーニバル―地中海の真ん中に位置する事もあって、
文明のぶつかりあいにたえず翻弄されてきたマルタ―
今から約470年前、1530年3月24日。この島はスペイン皇帝カール5世からヨーロッパの
騎士団に与えられます。
その騎士団の名は聖ヨハネ騎士団(のちのマルタ騎士団)。
聖ヨハネ騎士団は、中世キリスト教巡礼者を介護する為に設立された慈善団体であり、
テンプル騎士団、ドイツ騎士団とともに3大騎士修道会のひとつに数えられる大変名誉ある
宗教騎士団でありました。入団資格のひとつに高貴な家柄出身の次男以下という条件がある為、
大変裕福な家の出身者の集まりで形成されておりました。
騎士達は、領地からの収入や身内からの莫大な経済的援助受け、当時宗教的対立関係に
あったオスマン・トルコに対抗する為に、ひとつの完全計画要塞都市を作り上げて行きます。
この新しい町の名はグレートシージ(大包囲戦)の戦いを勝ち取った当時の騎士団長
ラ・ヴァレットを称えて、ヴァレッタと名づけられました。
「紳士のための、紳士がつくった町、ヴァレッタ」
1980年にユネスコ世界文化遺産に登録されたヴァレッタには、建物数320、おおよそ
9,000人の住民が居住し、大統領府、国会議事堂など主要公的機関が集まるれっきとした
マルタ共和国の首都であります。
基盤の目のように縦横に走る街路に区切られながら建ち並ぶ建物の立派な玄関には、
さまざまな形をした真鍮作りのドアノッカーが飾られており、ヴァレッタを作り上げた騎士団の
凛とした姿を思い描いてしまいます。
外観だけ見ておりますとどの建物もとても小さく見えますが、一歩建物の中に足を踏み入ると
外観からは想像が出来ない程、豪華で壮麗な世界が広がっています。
騎士団の時代の後はフランス、イギリス支配を経てマルタは1964年にマルタは独立。
1974年に共和国となります。その後冷戦の終わりを告げる東西巨頭会談、マルタ会談の
舞台となり、2004年には欧州連合(EU)の加盟国となりました。2008年より通貨もユーロに
変わりました。

―マルタの見所―
マルタを世界にしらしめているものに巨石神殿遺跡群があります。
この小さなマルタから現在30基以上もの巨石神殿遺跡が発掘されております。
内6基(タハージュラ、スコルバ、タルシーン、ハジャールイム、ムナイドラ)がユネスコ
世界遺産に登録されております。
その中でも紀元前5,000年も以前のものとされるタハージュラ神殿やスコルバ神殿などは、
ストーンサークル、ギザのピラミッドよりも古いとされており、世界最古の建造物では
ないかといわれ、世界中から注目を受けました。
残念ながらこれらの神殿は風化した巨石の一部を残す形で現存しているだけですので、
目を閉じて元の姿は想像するしかございません。神殿から発掘された彩色土器などの遺品は、
ヴァレッタ市内の国立考古学博物館にてご覧いただけます。古代の建造物、発掘品はたくさん
残ってはおりますが、これらの貴重な歴史の産物はマルタを出る事はありませんので他の国の
博物館ではご覧いただけません。マルタを訪れなければ見ることが出来ないのです。

マルタ

世界遺産に登録されております巨石神殿群の中でも、特にご覧いただきたいのは、
ハジャールイム神殿とムナイドラ神殿、ゴゾ島のジュガンティーヤ神殿です。
ゴゾ島のジュガンティーヤ神殿は紀元前3,600年頃に造られたものであるにも関わらず、
当時の姿が想像できる程、現存しております。古代マルタの人々の生活や神殿構築の過程など
想像をして、ご自分なりの古代マルタストーリー(仮説)を作って下さい。
今もってマルタの神殿群は全てが謎に包まれていて、答え(正解)がございません。
さまざまな想像を思い描きながら、そして人と話しながら巡るのがマルタ旅行の楽しみ方と
言って良いでしょう。

―マルタの食事、お土産などー
イタリアの側と言う事もあり、お食事のメインは主にイタリアンではありますが、海の幸が豊富で
あるのでシーフードは絶品です。特にタコが多くとれるマルタではタコのパスタなどとても
美味しいです。
マルタでしかご賞味いただけないものに、マルタパンがございます。
表面は石のように固く、中は信じられない程モチモチとしていて香ばしく、噛みしめるほどに
口の中に美味しさが広がる不思議なパンです。ご朝食、ご昼食、ご夕食と必ず顔を出しますので、
必ずご賞味ください。

マルタ

―もうひとつのマルタの旅―ゴゾ島

マルタ滞在中、必ず訪れていただきたいのは、ゴゾ島。
マルタ島から北西6kmに位置する人口約3万人、面積67㎢ の農業や酪農、観光を産業と
するのどかで、可愛い島。ゴゾ島へはマルタ島西端チェルケウアからフェリーで約30分。
同じマルタ人同士でも、マルタ本土の人達を‘マルティーズ’、ゴゾ島の人達を‘ゴゾタリアン’と
呼び合う程です。ちなみに犬のマルチーズもマルタ産です。
ゴゾ島はマルタ島よりも尚一層、のどかで、光や風景は牧歌的。ゴゾタリアンは心優しき島民。
昨今ではマルタ島滞在よりも、ゴゾ島にウォーキングや絵を書くために長く滞在する人も
増えています。

―ゴゾ島の見所―
先にお話いたしましたジュガンティーヤ神殿(世界遺産)以外にも、島の中心のヴィクトリアに
聳え立つ堅固な城塞‘チタデル’やホメロスの叙事詩「オドュッセイヤ」で語られたカリプソの洞窟、
自然の造形美‘アズールウィンドー’奇跡の教会‘タ・ピーヌ’、どこまでも広がる美しいソルトパン
(塩田)などがあげられます。
ゴゾ島の人々は、マルタ本土は大都会であり、時間に追われて暮らしていると言います。
日本からご旅行で訪れる皆様からするとマルタ本土ですらゆったりとした時間が流れていると
感じることでしょうが、ゴゾ島はそれ以上と言う事になります。ゴゾ島へ渡られる際は腕時計を
ホテルに置いて、ゆったりと流れるゴゾ時間に身をまかせて、マルタ本土とは違った壮大な
自然の美しさとより温かい人々の優しさ、素朴さに触れ、癒しのひとときをお過ごし下さい。
きっと、初めての地にも関わらず懐かしい思いを抱くことでしょう。

―ゴゾ島で味わっておきたいものー
先に述べましたマルタパンととても相性が良くまたゴゾ島でしか作っていないものに、ゴゾの
ハチミツ(ゴゾハニー)がございます。タイムなどのハーブの強いハチミツで、少量しか採取が
出来ないためとても貴重です。是非マルタパンと一緒にお楽しみ下さい。

―ゴゾ島=クリーシィのいる島ー
数年前に亡くなった世界的に有名なハードボイルド小説家 A・J クイネル氏。
彼の作品に登場する人々はまだこの島で生きている。
クリーシィこそ架空な人物であれ、ゴゾ島の玄関に建つグレンイーグルバーのトニーや丘の
上に経っていたゴゾ島を代表するホテルだったイムジャールの支配人サミー・ラパはクイネル氏が
作品内で描いたそのままの姿で今も元気に暮らしている。
日本には熱狂的なファンが多く、グレンイーグルでビールを一杯飲むためだけに島を訪れる人が
今もたくさんいます。
クリーシィの世界に入れる唯一の夢の場所がゴゾ島です。
※A・J クイネルとは、長く正体不明の作家として知られていた覆面作家。
クイネル氏に素顔の公表を決意させたのがマルタ観光局長遠藤三千雄である事は有名な話。
作品: 燃える男、パーフェクト・キル、メッカを撃て、など。
※燃える男は2003年にデンゼル・ワシントン主演「マイ・ボディガード」として映画化もされました。
―マルタ島に旅行を決めたらー
ご出発する前に映画をチェックする事を忘れてはいけません。
マルタは映画のロケ地として有名であり、とても多くの作品が撮り続けられております。
世界遺産、自然、観光地めぐりがメインの旅行ではありますが、映画のロケ地巡りも加えると
よりマルタ旅行が楽しくなるでしょう。
マルタで撮影された代表的な映画をご紹介致します。
スティーブン・スピルバーグ監督作品「ミュンヘン」、ブラット・ピット主演「トロイ」、ラッセル・クロウ
主演「グラディエーター」、マドンナの「スウェプト・アウェイ」など
その中でも是非ご覧いただきたいのは、ジム・カヴィーゼル主演「モンテ・クリスト伯」です。
マルタの観光名所はほとんど映し出されております。

―語学留学したい国で上位のマルター
数年前よりマルタは語学留学に適した国として人気沸騰中です。
日本人が少ない上、治安が良く、物価が安いというのが理由にあげられます。
さらにヨーロッパの主要都市に近いこともあり、留学中に、また留学前後に他の国への旅行を
楽しめるといった利点があることでシニア層の長期留学(ロングステイ)も増えております。
マルタには40校を超える語学学校がありますので、必ず希望条件に合った学校がみつかります。
注目したい点では、学校単位研修が増えていると言う点です。現在では関西地方の高校、
大学が毎年マルタへの語学研修旅行を実施しております。2009年で5回目の実施。
オーストラリア、ニュージーランドよりも人気の地となりつつあります。
(EUROCENTRESもマルタ校が有り人気の有る学校の一つです。)
マルタ人はとても温厚で人懐っこい。また話すことが(マルタの)文化だと言うほど話し好き
ですので、滞在中は恥ずかしがらずどんどん話して英会話習得してください。
年間を通して320日間晴れと言われるマルタ。
プールサイドや海辺、ガーデンなどでも授業が行われることもあります。

小さな国マルタへは現在直行便がございませんので、ヨーロッパ各国より乗り継いで(
ご利用の航空会社によっても違いますが)おおよそ21時間。
初めてマルタへご旅行される方が、‘一生に1度訪れる地’と言ってご出発されますが、
必ずと言って良いほど、数年後には再度マルタを訪れます。
マルタの世界遺産はミステリー、なぜマルタを愛して止まなくなるのかもミステリーです。
あなたを虜にさせる、幸せの国マルタへ、是非お越しください。
心に残る素晴らしいマルタ旅行になる事を念じて居ります

マルタ観光局
市場開発担当マネージャー
遠藤真吾

マルタからのお手紙でマルタの良さが伝わってきました。弊社のEUROCENTRESでも
マルタ校に英語留学する方が増えています。年齢的には、団塊の世代の方が多いようです。
歴史文化だけでなく音楽やお食事ワインに至るまで楽しめるマルタへどうぞお越し下さい。

TOMMYも推薦します!
|カテゴリー:お客様からの旅便り
第5弾:最終回「最後のアンボセリ」T嬢さんからアフリカ探検レターがOnthedayに届きました!

AYAさま。こんにちは。

週末は忙しく、最後のアンボセリ記事が遅くなりました。
HP、早速UPしていただいたんですね^^ありがとうございます。
先ほど、HPを拝見しました。
たくさん記事を載せてくださって、嬉しいです。

 
では、最後のアンボセリです。
マサイマラやンゴロンゴロのように多くの動物は見られませんでしたが、
キリマンジャロが第一目的だったので大変満足しています。
アンボセリに着いた日は、キリマンジャロの頂上だけが見えました。
これだけでもかなりラッキーだったのに、翌日はキリマンジャロの全景を
見ることが出来、大変興奮しました。(早朝はクッキリを見えるらしいですが、時間が
経つにつれて雲がかかってくるので、早い時間に見られて良かったです)

象の群れもたくさんいましたよ。
 セレナロッジに着いたら、おしぼりとウエルカムドリンクサービスがありました。
嬉しいですね。 食事は、評判通りとっても美味しかったです。
ここは、一泊だけではとてももったいないと感じました。
最低2泊はしたいですね。
それくらい、美味しかったです。




客室は、油断すると虫がたくさん入ってきます。
客室にベープマットがありましたが、日本から持参した蚊取り線香をさらに炊きました。
気をつけていたので、部屋に虫がたくさん入ることはありませんが、
光を求めて蛾が
たくさん飛んでくるので
虫が苦手な方にはこのロッジは辛いかもしれません。
(私は平気ですが^^)

 

ロッジの周りにはおサルさんがたくさんいます。
部屋のテラスをうろうろしていて、多分餌を待っているんだと思います。
ナイロビ・タンザニアの国境でも、ドーハの入国時でも、イエローカードの
提示を求められず拍子抜けしちゃいました。
あと10年有効なので、その間に必ずまたケニア旅行したいです。

 

ドーハ空港での待ち時間のミールクーポンは、ドーハ空港にミール
クーポンカウンターがあり、便名を伝えたらクーポンを渡してくれました。
フードコートでクーポン用メニューをいただきました。
 飛行機での移動も、特にトラブルなく無事に終えました。
 
最後に、こんなに楽しい旅行が出来、AYAさんには本当に感謝しています。
ありがとうございました。
 A&K羽月さんにも、先日お礼のメールは送りましたが、もし連絡する機会が
ありましたらよろしくお伝えください。
またご縁がありますこと、願っています。

TK&TY(あえて名前は伏せさせていただきます)

 

 

|カテゴリー:お客様からの旅便り
第4弾:T嬢さんからアフリカ探検レターがOnthedayに届きました!
第4弾:T嬢さんからアフリカ探検レターがOnthedayに届きました!  

Ontheday AYAさま


 
引き続き、ンゴロンゴロの様子です。
 ずっと行きたかったンゴロンゴロ自然保護区です!!
マサイマラからアルーシャ、ンゴロンゴロまでの道のりは本当に遠いです。
悪路がかなり続きますし、砂煙がすごいので時々窓を閉めてました。
車にはクーラーがないので、時々暑さにヤラれそうになることもありました。
でも、そんなの辛いと感じる暇もないくらい、景色を楽しみました。
どんなに楽でも、私は空路より陸路がいいです。
体力のあるうちに、ンゴロンゴロまで行って良かったと思っています。

 

ワイルドライフロッジからの眺めは抜群でした。
ロビーは、夕方になると暖炉がつきます。
ケニアは朝晩も少し涼しいくらいでしたが、タンザニアは少し寒かったです。
朝夕は、ホテルでフリースを着ていました。

 

タンザニアでは、希少なクロサイを4頭も見ることが出来ました。
遠くにいて、殆ど動かなかったので、これが精一杯の写真です。
前述した一眼レフなら、ドアップで撮れたんでしょうけど。

 

唯一、豹だけを見ることが出来ませんでした。残念!
ガイドさんも、2年以上見ていないと話していました。
これも、次の楽しみに取っておきます。

 

国境の写真は撮ってはいけないと言われましたが、ガイドさん達とは撮ることが出来ました。
ケニアのガイド(ジョージさん)はナイロビの大学で日本語を勉強したそうです。
タンザニアのガイド(キレオさん)は筑波大で2年、獣医学を学んだそうです。
当時は日本語も喋れたけれど、今はもう覚えていない、と半分以上は英語で会話しました。


 
次は最後のアンボセリです。

Mrs.T
|カテゴリー:お客様からの旅便り
第3弾:T嬢さんからアフリカ探検レターがOnthedayに届きました!
第3弾:T嬢さんからアフリカ探検レターがOnthedayに届きました! 

OnthedayStaff AYAさま

写真、たくさん送りつけまして・・・(汗)喜んでいただいて良かったです。
実は、まだ途中なんです。 懲りずに送らせていただきます。
 


動物には、道路を横断したり近くまで来ることがあるので、間近で見ることが出来ました。
キリンだけがいつも遠かったです。
 
私はこの旅行のために始めてデジカメを買い初級レベルです。
他の旅行者達はものすごい望遠レンズを持って来られてました。
遠くにいる動物の皮膚まで見える勢いの望遠でしたよ。


 
バルーンサファリは、最初に昇降のレクチャーがあります。
3人掛けボックスが4つあり、定員12名で乗りました。
夜明けとともにふわっと上がるバルーンは、とても心地良かったです。
殆ど無風だったので、不思議な気持ちで下を見下ろしていました。
心配されていた着地は、パイロットの技術のおかげか、横倒しになることなく、垂直のまま
ストン、と衝動もなく降りました。
その後のシャンパンブレックファーストは、皆で和気藹々と楽しみました。


 

レストランカーニバルでのランチには、羽月さんも来てくださり、ケニアのお話をたくさん
聞くことが出来ました。
ガイドの羽月さんの現地のお話のおかげで、すごく充実した旅になりました。
カーニバルの写真はありませんが、ワニのしっぽ、ダチョウのミンチボールなど食べました。

 

ケニアタンザニアの出入国は、ガイドさんが一緒についてくれたので、助かりました。
 
アルーシャのインパラホテルは、ものすごく広かったです。
夜は、ネットで事前調査して、評判の良かったインド料理レストランでナン&カレーを食べました。
美味しかったです。
朝食は、種類がかなり少なくて、ここだけはイマイチでした。

 

マニャラ湖は、こじんまりとした場所ですが、いろんな動物を見ることが出来ました。
ランチは、近くにあるセレナロッジに行きましたが、雰囲気がとても良く、景色を眺めながらの
ランチでした。
すごく美味しかったです。

 ンゴロンゴロへと続きます・・・。
 
Mrs.T 
|カテゴリー:お客様からの旅便り